商品カテゴリ
新着情報

Loading
全国催事のご案内
業務用ごま製品
取扱店一覧
成分一覧
安心安全をお届けするために
へんこを貫くごま職人
へんこ社長の胡麻便り
友達募集
スタッフの雑記帳
寺坂の胡麻でごま栽培
イタリアンレストラン:ピッコロモンド・ヤマダ
メディア掲載歴
リンク
box
end
お客様QアンドA
山田製油桂店
〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後7時
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時
山田製油トップ > 製造工程 > 練りごま
製造工程
胡麻油の製造工程ごまらあ油の製造工程石臼びきすり胡麻の製造工程練りごまの製造工程

練りごまの製造工程
なめらかさのヒミツは石臼にあり!
原料焙煎

ごまの焙煎時は周りの温度も上がるため、とっても大変な作業!!
それでも彼は、ごまから目を離すことはありません。
焙煎時は、舌・鼻・目で、味・香り・仕上がり具合を確認するため。
これこそ職人!!
煎時は、舌・鼻・目で、味・香り・仕上がり具合を確認するため。


胡麻をブレンド

焙煎加減のちがうごまを混ぜ合わせることで、それぞれのごまの特徴を活かし、味・香りを最大限に引き出す、とても重要な作業。
ここでは、マニュアルなんかはありません。
ごまの種類(産地)によって炒り具合も違えば、味・香りも違うので、その混ぜ合わせる比率はごまソムリエ職人しだい!!

石臼ですりつぶす

二段がまえの石臼
ブレンドした胡麻を、石臼ですりつぶします。
当社の石臼は、「二段がまえ」。
上段の石臼が、胡麻を約7割まですりつぶし、下段の石臼が後の約3割をすりつぶします。
そして自慢の、とろりと滑らかな練りごまが完成するのです。
摩擦の熱は味・香りの大敵
しかし、石臼がどんなに頑張っても、練りごまが出来るのは、1日掛かりでもわずかな量。
「機械でやっちゃえば、もっと早くたくさん出来るのに」って、いつも練りごまの出荷に追われるとき、私(製造担当・滝(たき))の中の悪魔がささやくのです。
「でも、石臼でなくちゃダメ」と私の中の天使が登場。
その理由は、石臼が熱の発生しにくい特性を持つ、とてもクールなヤツだからなのです。
だって、せっかく絶妙の炒り加減で焙煎した胡麻が、機械の発する熱で、味や香りが変わってしまったら「もう台なし〜」ですからね。
石臼なら、その心配はご無用です。

瓶詰め

瓶詰めも手作業で行います。
いつかは、「全自動瓶詰めライン」を夢見る私ですが、現状は残念ながら・・・ まだまだ、充填からフタ閉めまで、すべて人の手で行っております。

出荷

瓶にシールを貼って完成です。
添加物(乳化剤や安定剤)を一切使用しないおいしい練りごまです。

初回限定お試しセット