space
商品カテゴリ
新着情報
2008年9月18日
お店の衣替え

Loading
全国催事のご案内
取扱店一覧
安心安全をお届けするために
へんこを貫くごま職人
へんこ社長の胡麻便り
胡麻でごま栽培
スタッフの雑記帳
イタリアンレストラン:ピッコロモンド・ヤマダ
メディア掲載歴
リンク
box
end
お支払い方法
発送について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
お客様QアンドA
山田製油桂店
〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後7時
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時
スタッフの雑記帳


2008年9月26日

今年1月30日事件が起きた。(5)
ピッコロモンド・ヤマダ


2月5日

朝から飛び出し、スーパー行ったり、ぶらぶらと。
そこで発見。
良さそうなレストランを!
行動派の私はとりあえず入りました。

image049.jpgレストラン「マトリチャーナ」



image051.jpgモッツァレラがドーン!なカプレーゼ


image054.jpgムール貝とペコリーノチーズたっぷりのパスタ

image056.jpgケーキ4種類盛り


そしてレモンチェロ。

味もサービスも今までの中では一番良かった。
また是非行きたいお店です

まだやっていないこと。
地下鉄とバス。
んふふふふ。
達成。
いや、簡単でした。何にも難しくなかったです。
ただ、盗難?窃盗?が多いようなので
頭の片隅どころか両隅に入れ必死で守ってましたが。
バス、地下鉄は便利。もっと早く使ってればと思いました。

その夜。また食べに行こうと探していると、
何やらショー?芸能人らしき人?
人がモリモリとステージ付近に。
とにかく、一緒になって、待つこと・・1時間ちょっと。
音楽が大きくなり、何か出てくる!
いや、出ない。30分経過。
全然出てこない。

あぁー。時間がもったいない。ってやっと諦める頃にはもう10時すぎ。
完全にレストラン閉まりかけ・・ショック。
ホテル近くのお店へ行くことにしました。

時間が時間だけあって、中はファミリーレストラン的な様子。
求めてたものと違った。まぁ、味は・・ねっ。おいしいんですけどね。。
時間を悔やむ

明日は帰る日。
飛行機に乗るだけの日。
14時間をどれだけ有意義に、お尻と戦えるかでこの勝負は決まる。

えぇそうです。対策ないので、我慢です。自分ファイト!レッツ日本!

夜。帰国日の朝。飛行機の中。
なんか、考えてしまいます。
マリッジブルー的なことなのでしょう、きっと。
やっと帰れると思うと嬉しいものの、寂しい気持ちにもなる。
慣れてきたのに。っていう思いでしょうか?

きっと、なんだかんだでイタリアに行けたこと、
行かせた貰えたことに全部ひっくるめて、楽しかったのかな?
はっきりとは言えません。
が、この6日間を通して、料理の勉強はあまりなってないことは。
でもその分以上に、いい社会勉強にはなり、させていただきました。
日本では味わえない体験。言葉の壁。常識など。

知らない世界を体験し、体で感じる。
すごい重要なことだと、知りました。

本当によかった。
何にも残らない旅行じゃなくて、意味のある旅行になったことに。

厚かましくも来年もお願いします。と言ってもいいでしょうか?
と思うものの、
いきなり事と軽はずみな事!この二点には気を付けたい!

これも経験です。

でもそこをあえて、お願いします!!

来年はどうなるのでしょうね?
次回は・・順当で言えば、
新シェフですね・・
お楽しみに♪

image058.jpg
帰ってきてからの仕事って・・現実味がありすぎでした。







2008年9月25日

今年1月30日事件が起きた。(4)
ピッコロモンド・ヤマダ

2月4日

昨日の今日です。
少ない現金とクレジットカード乗り切ってやる!!
と意気込み、凹み。
本日はもっと治安の悪いナポリへ向かいます。
これ以上は怖いことないので!!

ナポリは海の町。
魚介、ピッツァ、焼き菓子がおいしいと言われる街です。

ユーロスターというヨーロッパで走っている、
日本でいう新幹線?特急列車?ぐらい速い電車でナポリへ向かう。
ナポリまで約1時間半。

切符の買い方にかなり苦戦を強いられたものの、無事購入。

ナポリへ到着。
ナポリの駅、暗っ!怖っ!
今日やってる?と言わんばかりのこの暗さ。
こんなもんなのでしょうか?

とにかくガイドブック頼みで、また歩く。
目的はやはり本場のナポリピッツァ!
行きたいとこが二軒あるのですが、
ピッツェリアかリストランテ。。

リストランテに決めました。ドルチェも食べたかったので!!
「リストランテ チーロ」というレストラン。
前菜に、インサラータマーレ(海の幸のサラダ)
海のすぐ側のナポリだからこそ、豪快でした。

image042.jpgねっ。
ソースが多くって生地はもっちり!
本場のマルゲリータです。
おいしそうでしょ?
うまいんです!!
ですが味はピッコロモンドも
負けず劣らずですよ!
是非食べに来てください。




image044.jpgナポリの海。
海です。叫びたい。ぼんやりしたい。
ですがゆっくりしる時間もなく、
足早に駅へ向かう。
だってナポリは治安も良くないので、
夕方だし、日が落ちる前にと。。
完全にもビビリながらも、
実はトイレに行きたかったから!
少し早めに戻ることになっただけでした。




18時。ナポリ中央駅を出発。
今夜は行ける!ローマでディナー!!
20時すぎにテルミニ駅に到着。
そしてすぐさまにレストランへ。

やっと、やっーと。念願が叶った。



image046.jpgズッキーニの花と
サフランのタリオリーニ










image048.jpg レモンのソルベとウォッカのデザート











このデザートが特にいい!
もともとレモン、ウォッカ共に大好き。
爽やかで冷たいですが、
お酒は多少効いてるので温まるような、デザートでした。

食事も終わり。ホテルへ帰る帰路。
再び。
昨日の事件での場所とほぼ同じところで、またも!声を掛けられる。
ここはスポットなんか??
よくわからないけど、ご飯行きませんか?
飲みに行きませんか??的なことだったのでしょう。
最終的にはコーラ飲みに行かない?とまで言っていた。

成長した私は、もちろん「ノー!コーラ!!」と答えます。キッパリと!

そりゃそうでしょ。昨日のこともあったし、なかったとしても
コーラに魅力は感じない!行きません!!

すると、相手は・・
「ファンター?」

爆笑してしまいました。
コントかと言わんばかりのボケ。
でも行きません。爆笑しながらもその場を立ち去り、ホテルへ。

私。強くなりました。楽しくなりました。そんな気がしました。
気づけば、明後日にはローマを出発する。
もう明日が最後の日だと思うと。もったない!!
明日はうんと楽しもうと心に決め、就寝。



(5)に続く


       



2008年9月24日

今年1月30日事件が起きた。(3)
ピッコロモンド・ヤマダ

2月3日。
今日はピッコロモンドの冬休み明けての営業日初日。
私イタリア。
ほんとにいてていいのかな??
と思いつつも三日目。
今日でこのホテルをチェックアウトする日。
安いことは安いけど、治安が良くないので、そして怪しいのでと。。
バイバイ!!
image032.jpgこーんな部屋に二泊していました











外は雨。そんなことお構いなしにスーツケースを片手にホテルを出る。
(何だかかっこいい言い回しじゃないですか??)
直接行って申し込みに!
紙とペンとガイドブック頼みで何とか取れました。
元気があれば何でもできる!!
良かったと一安心。
そして昨日の続きで、ローマ観光にまたまた歩きで行って来ました!!

image036.jpgバチカン市国











image034.jpgポポロ広場











結構遠いんです。歩いて行くのには。。
自分の体力と電車、バスを使わないそんなチキンハートに拍手です。
まだまだ行きます。
  

image038.jpgサンタンジェロ城  


image039.jpg
またもスペイン広場


日本人に会いたくて・・またもスペイン広場に。
勇気を出して一緒に写真に写ってくれませんかと・・。
ありがとう、どこかの日本の人。救われました!私。

とここで急遽ホテルへ帰宅。夜ご飯の体を作る為に!
早く寝れば時差ボケを解消できるのではと思い、
4時すぎに思い切って寝ました。
起きたら!!

残念。23時でした・・

ですが諦めたくない!!
っていうわけで、初夜ローマデビュー!
チキンハートですので、
ビクビクしながら!
カバンを抱きかかえながら!キョロキョロしながら!
ガイドブックは離せない。
ものの、意外に大丈夫だと勝手に確信。

ウロウロしていると、おじいちゃんに話しかけられる。
これが危険だった!!
おじいちゃんやし大丈夫。なにを喋ってるかはさっぱりだけど、
とりあえず、おじいちゃんだし!大丈夫だ!!

ご飯を食べれるとこを教えてもらえることはわかったので、付いていく。
おじいちゃんと会話?にならない会話をしながら、
10分程歩くとお店へ着いた。

時間は深夜12時前ということあって、やっぱり閉店。落胆する。
さー、どうしようかな?帰ろうかなと思ったら、
おじいちゃんがここなら開いてると!向かいのお店へ指を指す。
半年経った今でも覚えている。
「piano bar」
バーかな?
私はお酒が好きだし、よくバーへも行く。
ということで、イタリアのバーか。。
よし!行って見ましょ!!とちょっと怪しいながらも入ってみました。
もちろんおじいちゃんと。

席に座ると。。
お姉さんも座ってくる。隣に・・
どうやら!キャバクラみたいで、お金は・・
100ユーロ(16000円)程あるから、
すぐにお店を出たら大丈夫。と自分に言い聞かせ
とりあえず1杯だけ。
2杯くらいなら大丈夫かな?
何か女の人も飲み物欲しいって言ってる?1杯だけならいいのかな??
レッツダンス!って言ってるけど、踊ったらいいのかな?
よくわからないまま、だってイタリア語だし!!
1時間が経ち、そろそろ帰り支度。
チェックをしてもらい、請求金額は96,0ユーロ。
手持ちのお金はぎりぎり。
ちょっと高いんじゃない?とも思いながらも支払う。

すると!
何か言ってくる。
何?
何よ??
よくみると、請求金額は96,0ユーロではなく960ユーロ!
どーいうこと??

1時間で?何した?飲んだだけしょ?

っと言いたいとこですが
イタリア語には変換する能力はないものでして。
咄嗟に出てきたのは怒り口調での
「ノォォォーマネィィィーー」
普通ですよね??そうなりますよねー。

見事にバックヤード(裏)に連れられて、話し合い?
私はそのときに限っては英単語二つしか知らないみたいに
「ノーマネー!」「ディスカウント!」
いやいや、無理でしょう。お互いに!
言葉の壁。請求金額からしても。今だからわかることですね。
怖いけど、デカイ人4人いるし。。
でも心折れると960ユーロ=16万円やーん!まず現金ないし。
必死です。紙とペンで960ユーロに斜線を引き96に書き直す。

30分の戦いが繰り広げられた。
いろいろなことがあって、結局400ユーロに・・
ホテルにあること伝えると、車に乗せられ、ドライビング♪
そういえば、おじいちゃんは車に私が乗せられる瞬間、
「ノープロブレム」と言っていたなっ。
今からどうなるんかなー?と命の危険も感じながら、
帰りたいなー日本。
そんなこと考えてました。
結局は一直線にホテルへ向かい、精算させられただけで
無事だったので本当によかった!

海外って怖いとこ。
わかったことは
知らない人に付いていかない!!子供の教えですね♪

無事その日を乗り越え、ホテルにて抜け殻状態に。
だってお金が全くないんだもの。
まだご飯食べに行ってないのに・・

とりあえず、精神的に疲れたので今日はこれにて。
明日からどうしよう。。



(4)へ続く

2008年9月23日

今年1月30日事件が起きた。(2)
菊岡 信義

2月2日。早朝3時起床。日本時間11時。
間違いなく寝ます。
6時起床。
今日の予定は観光。
ローマにせっかく来たのだから観光、そしてご飯。
まず朝ごはん、いや!海外だからブレックファースト。
マクドナルドは敬遠しながらバル(BAR)へ到着。

イタリアではバル、バールと言われる
喫茶店とタバコ屋さんが合体したような店舗が
そこら中にある。ちなみに夜はバーのようにお酒も提供される。
地域の憩いの場のようなそんな感じです。

そのバルへ。
店を入るとバーカウンターがあり、そこで注文。
基本的にエスプレッソを注文する場合は
「ウン カッフェ」と伝えれば出てきます。
値段は150円くらいなので、安い!そしてうまい。

イタリアではみんな砂糖をガンガン入れる。10秒で呑む。
呑んだらチャオで帰る。この時間ざっと2分足らず。
立ち飲みだからかな?
いい!だってチップも貰えるでしょー。
席は回転するでしょー。儲かるやん!!
って仕事のことを考えてました。
いい体験しました。
ご飯も食べたので、観光!!
歩きに歩きまわり・・


image012.jpgコロッセオ!!



image013.jpg
内部

image016.jpg
コロッセオのイタリア猫


image018.jpg
真実の口
そして自分

image019.jpg
現地の方々?じゃないよね。



image021.jpg
あの有名なトレヴィの泉



image024.jpg
スペイン階段


image026.jpg
スペイン広場前の
高級ショッピングストリート


などなど、天気もいいのでテクテクと!
ええ、電車の乗り方がわからないだけだったりもするのですが。。
とにかく!クッタクタに歩き回りました。
楽しい一面もあり、寂しい一面もあり、
日本人探しに没頭したりと、それはそれは・・
寂しいっすー!

そんなときは糖分を取らなきゃならん!ということで、行ってきました。
前にも一度説明しましたが、ローマの街は?
ピッツァ!
ジェラート!!
はい、行ってきましたよ。ジェラッテリア。

image028.jpg
色んな種類が!

image029.jpg
 
もっこもこです。

めちゃくちゃ冬だけど、
イタリアはかなり寒いんだけども、あえてダブルで食べる私。
何を隠そう、ピッコロモンドのつまみ食い番長といや、私カッキーなのです。
隠れくいしんぼです。
(モグモグしててもスルーしてくださいね♪)
あつ!写真はないです。すみません!

二日目も、有意義な一日を過ごさせてもらいました。
ホテルへ戻ると、時差ボケによりダウン!
早起きすぎたも原因かな?
夜ご飯も食べずに寝てしまいました。
時間は確か夕方6時。おやすみなさい!


(3)へ続く

2008年9月22日

今年1月30日事件が起きた。
菊岡 信義

今年1月30日事件が起きた。
それは台湾研修旅行での私の放った失言によるものでした。
「フランスよりイタリアの方がワインの葡萄品種が多い」
断言した私に社長が・・
「行ったことないのに、何を知ってる?明日から実際に行って見て来い!!」
お酒の場でもあったので、冗談だと信じていたら・・
カンパが集まる。
海外でも使える携帯電話を支給される。
どうやら!どうやら!!本気らしい。

そんなひょん?なことからイタリア研修旅行が始まりました。
はっきり言って今でも何が何だかわからない!そんなお話です。

だって海外は今回の台湾旅行が初めてだもん。


とにかく右も左もわからない海外。そして航空券の購入。
はい、そこからなのです。

そんな不安な気持ちを前面に出しての怒涛のイタリア6日間。
の前に台湾の3日目最終日。
海外に詳しい山田製油菊岡部長と共に、
イタリアに行く為の航空券とガイドブック、
旅の荷物とスーツケースをなんとか購入。
感謝しております!

ですがここで日本へ帰る飛行機の時間をぎりぎりまで使った為、
旅立つ私以外の山田製油の方々とは合流直後にお別れするという、
とーってもとっても寂しい状況に!

出発するバス。すぐに信号に捕まったバス。
遠ざからないバスにずーと手を振り続ける私を覚えています。



さて、行き先はイタリアのローマ。
不安な飛行機、やっぱりわからない仕組み。
途中、ローマへ行くにはタイのバンコクを経由するらしく
荷物はどうするの?バンコクでの乗り継ぎは1時間しかないよ?
もう荷物は預けてしまったよ!あきらめるの?
結局、苦渋の決断により荷物はあきらめてローマへ到着。

荷物・・無・・事ありました!

よかった。
この時2月1日の朝6時のことでした。
預けていた荷物からガイドブックを取り出し、
まずは市街地へ向かう電車の乗り方を・・
2時間かけて、ようやく解読しテルミニ駅へ
朝は9時。
ガイドブックにてホテルの取り方を・・
2時間かけてもわからず、地図見て、歩いて、
直接ジェスチャーでホテル獲得。
11時にチェックイン。

さっそく荷物を置いて周辺を散策。

さすがイタリアの首都であり、
世界遺産登録件数は世界で一番多い街。
まさしく観光地。

CMなんかでよく見ますが、道は石畳になっています。

こういうのってなんだかストレートに
「ここはヨーロッパだ!」と感じてしまいますよね。
ただガタガタで歩きにくく、バイクも車も大変そうでした。

ホテルの近くのレストランに入ってみる

image002.jpg
image003.jpg











ローマの食はやはりピッツァとジェラート。

だけあってピッツェリア、
ジェラッテリアのお店がたくさん立ち並んでいました。

写真のピッツァは生ハムのピッツァ。

薄いクリスピーなタイプな生地で、パリッとした食感。
いわゆるローマピッツァとはこのようなピッツァのことを指します。

そしておなじみの私が働くピッコロモンドヤマダのピッツァといえば
ふわふわでモチッとした生地はナポリピッツァのタイプになっております。

お味ですが。
かなりうまいです!なによりデカイ!さすが本場。
この一枚だけで満足してしまいました。


イタリアではよくある光景?
お会計の際にレモンチェロとチョコを貰った。
このレモンチェロがうまい!ハマる!!お酒です。
こういうの、好きです。


お店を後にし、スーパーへと出かけました。

image008.jpg

image005.jpg













知ってる、使っている食材や、
日本にないラインナップがあったり、スーパーが楽しい!
日本では惣菜、パン、お肉の専門店はスーパーでよく見る光景です。
イタリアでのスーパーは他に生ハム、チーズの専門店もありました。
お国柄ってすごいですね!

スーパーでは生活品やワイン、お菓子を少し買いました。
初めての海外なので、イタリア。一人。治安は?というわけで
17時以降に外にあまり出歩かない為の生きる買い物です!


image010.jpg













ホテルに到着。こーんなエレベーターで部屋に向います。
そういえばこのホテル前金でした。怪しい?壁薄いし。
このホテルで50ユーロです。日本円でおよそ8000円。ローマ、ユーロ高し!

そして時差ボケ、飛行機18時間の疲れ。
圧倒的な不安により夜6時には眠りに就いておりました。
日本時間で深夜2時。

2月1日の出来事です。



(2)へ続く





2008年9月14日

祭り男
菊岡 信義

京都の夏祭りといえば祇園祭。

疫病退散、厄除けを祈願して行われるお祭り。雅でゆったりしたお祭りです。

山鉾が立ち並び 祇園囃子が聞こえ、浴衣でそぞろ歩き・・・

ただ、私の祇園祭は今年はとんでもないことに!!


京都の祇園祭は約1ヶ月続くのですが

前夜祭の宵山が最も有名で、次いで元々は付け祭りの山鉾巡行が人気です。 

ところが、私もこの夏初めて知ったのですが、祭りのクライマックスは実はこのあとの祭りにあるのだとか。神幸祭・還幸祭と呼ばれています。

八坂神社から3基の神輿に御神体を乗せ各神輿が市中を担ぎ練り暴れながら寺町四条の御旅所へ。夕刻から夜中まで1000人以上の担ぎ手が繰り広げる男くさい、京都には似つかないぐらいの勇猛なお祭りです。 御神体をお守りしながらの練り歩きですから、空気はピリピリと張り詰めた緊張感のある、厳粛な雰囲気の本気の祭りです。

1週間後、今度は御旅所から八坂さんへ御神体が還る、還幸祭が行われます。

雰囲気は神幸祭と同じく厳粛で荒々しく激しいものです。



祭り好きの先輩から 神輿を担ぐ機会をいただき訳のわからぬまま 神幸祭に参加。

生まれて初めてサラシを腹に巻き、菅原文太になった気分ですでに気分は高揚!

さらに、地下足袋、半纏を羽織り、手拭いをキュッと縛った瞬間

祭り男になってました。

無我夢中にでしたが、他の担ぎ手の邪魔にならないように注意して。。



還幸祭でやっと祭りを楽しむことができました。


この夏、四十の男が祭りを覚えました。そして京都の神輿を知りました。



IMG_0644.JPG

IMG_0625.JPG



IMG_0649.JPG

IMG_0630.JPG


2008年9月 6日

わたしの食生活~ひとり暮らし編~
仲井 和幸


私は今年4月に結婚しまして、8月4日に待望の女の子(琴音~ことね~)が誕生しました。その際、7月には嫁さんは実家に帰省し出産の準備、出産後は本人の静養と赤ちゃんのことも考えてすぐには外へ出さないようにとしばらくの間今も実家へいます。休みになれば、車で1時間ほどかけて、嫁さんと赤ちゃんに会いににいく生活をしています。それ以外の日には、もちろんひとり暮らしをしています。洗濯、掃除、食事を中心に、自分で言うのもおかしいですが、なかなか頑張っています。ただ恥ずかしいですが、本当に嫁さんがいない環境は寂しいの一言。身の回りのことを気にかけ、いつも側で支えてくれていたんだなとこの2ヶ月ちょっとで感じました。

しかしながら、ひとり暮らしになり他にも支えてくれる人がいっぱいいました。それは、職場のみんなでした。ひとり暮らしの定番。コンビニ弁当などになりがちな私の事を考え、食事に誘って下さる先輩、お弁当を作ってくれるパートの方。=武ちゃん特製お弁当は(写真①)その間、私の食生活を満たして下さりました。有り難いの一言です。1週間に2,3回ですが、料理好きの私が手作りの晩ご飯をしますが、ひとりで食べる晩ご飯は味気がないですね。=先週作った鶏肉とキノコのトマト煮と切り干し大根とひじきの煮物と当社おすすめの豆腐にすりごまと金ごま油かけ(写真②)

9月末頃には、赤ちゃんと共に嫁さんが帰ってくる予定です。また、その時にでも私の食生活の報告もします。ご期待下さい。

①武ちゃん弁当              ②カズ定食

お弁当.jpg 手作り.jpg

2008年9月 4日

北海道食べまくり-6
椎村 祐一

催事終了しました。7日間はやっぱり長かった~。

撤収作業もさっさと済ませて,今日は自分への7日間の慰労を込めて

3人で御寿司を食べに行きました。

そこは当社と同名のすし「やま田」さんです。

店内は明るく,きれいで活気がありました。

080825_すしやま田.jpg080825_やま田店内.jpg

そこで北海道での1週間の食事を3人が語り合いながら食事しました。

お造りではアワビ・ホッキ貝・きんき・トロ・イカなどをパクパクといただき

握りではさんま・うに・いくら等で札幌の最後の夜を堪能しました。

080825_やま田つくり.jpg080825_にぎり.jpg

?

北海道食べまくりもまだまだ奥が深く,来年以降もまた訪れたい場所です。

是非また札幌へ来て,ゆっくり食べてみたいお店ばかりです。

今回はこれで北海道食べまくりは終了です。

?

?

2008年9月 3日

北海道食べまくり-5
椎村 祐一

今日で後2日です。今回の催事では全国各地から

出店されていますが京都からも数社出店されています。

当社の横は以前からお世話になっている

京都東寺のおだし専門店「うね乃」さんです。

今回はなんと今回うね乃社長夫妻が札幌へ来られたので

夕食を一緒にさせてもらいました。

夕食はなんとジンギスカンで,すすきの「開拓屋」さんです。

カウンター15席位のお店ですが

生で食べられる新鮮で美味しかったで~す。

行かれる時は予約をする方がいいと思います。

080824_開拓屋.jpg080824_ホルモン.jpg

お腹一杯頂戴しましたが,久しぶりなのでもう一軒。

次は「kentos」へ行き,久しぶりに飲んで・歌って楽しいひとときでした。

途中なんと爆睡していた時間もあった私でした。

080824kentos.jpg

まだ今日は締めがありました。やっぱり札幌ラーメン!!

札幌ラーメン発祥の地「芳蘭」。

ここの味噌ラーメンが太麺でスープも美味ですよ。

最近夜の締めに「ラーメン」はなかったけれど,

ここの味噌ラーメンは是非お立ち寄りください。


080824_ラーメン.jpg 080825_ラーメン1.jpg ?


椎村 祐一

今日は朝早起きして再会に行ってきました。

場所は卸売りセンター2F「魚屋の台所」です。

ここは以前(今年の正月)雑記帳にも掲載しましたが

家族でうに・いくら丼を堪能したところです。

今回は私一人が札幌出張の機会を得て,家族に羨ましがられながら一人でやってきました。

朝早くから,前と同じように夫婦2人で仲良く仕事されていました。

今回は再会の挨拶もそこそこに注文したのは当然「うに・いくら丼」。

でも今回はウニがダブルです。ばふんウニ・紫ウニのダブル+いくら丼で

当然ウニは海水ウニでミョウバンなしです。

もう漁が終わりだそうで良い時期に来てGET!!やった~

更にお造りまで食べて朝からパワー全開です。

すぐに家族に報告したのは言うまでもありません。

またの再会を約束して,足早に仕事場の百貨店に向かいました。

080824_台所店.jpg 080824_うに丼.jpg

080824_つくり.jpg

 

2008年9月 1日

北海道食べまくり-3
椎村 祐一

北海道に来て毎日美味しいものを食べて食べています。

仕事も百貨店は夜8:00迄でそれから片付けてから食べに行きます。

いろいろな所を紹介してもらってお邪魔しています。

今日はすすきの「さっぽろ浪花亭」(南4西4丁目)さんに行ってきました。

この日は特に遅くなって21:00過ぎにお邪魔しましたが,

快く食事をさせていただきました。

お腹が減っていてつい写真を撮るのを忘れてしまった。残念!!

まずはビールでみんなで乾杯!!

その後,特別にミニコース料理を用意してもらいました。

まずは冷製コーンスープから始まり、八寸・お造り・さんまの焼き物・ごはん

そして最高に美味しかったトマトの三杯酢サラダを最後にいただきました。

おかみさんも京都出身という縁で本当に短い時間でしたが

楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

次回はゆっくりと料理を頂戴したいと思います。

お昼も営業されていますので皆さん是非行ってみてください。

080820_冷製コーンスープ.jpg 080820_さんま塩焼.jpg 080820_トマトサラダ.jpg