space
商品カテゴリ
新着情報
2008年11月29日new
お買い物のお客様へ

Loading
全国催事のご案内
取扱店一覧
安心安全をお届けするために
へんこを貫くごま職人
へんこ社長の胡麻便り
胡麻でごま栽培
スタッフの雑記帳
イタリアンレストラン:ピッコロモンド・ヤマダ
メディア掲載歴
リンク
box
end
お支払い方法
発送について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
お客様QアンドA
山田製油桂店
〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後7時
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時
スタッフの雑記帳


2008年11月29日

鍋パーティー!
寺阪 亮

先日、「うまいつくねがあるから鍋するぞ~」と社長宅に招待されました。

大槻工場長と中井先輩と寺阪夫婦でお邪魔することに!!

社長宅のつくね鍋です。社長と専務作のつくねは柔らかくてマジうっま~でした。美味しすぎてボールいっぱいあったつくねはすぐに無くなってしまいました。

専務おススメお餅しゃぶしゃぶ!これまた美味しかったです。

    081106_2017~0002.jpg            

081106_2018~0001.jpg

仕事の話しはもちろん、社長夫婦の学生時代の話や新婚生活の話で盛り上がり終始笑いの絶えない鍋パーティーとなりました。

    081106_2017~0001.jpg

私も嫁の真朱美もリラックスしてしまい楽しい時間をすごさせていただきました。

嫁は、社長夫婦からいろんなアドバイスをもらったようで 本当にありがとございました。

アドバイスの内容は僕には秘密らしいです!!!

2008年11月29日

へんこ2008忘年会☆
寺阪 亮

今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。私は、今年5月に結婚し生活の変化などもありバタバタとても短く感じた1年でした。 今年も残り1ヶ月と感じるこの季節に山田製油の忘年会が開催されます。12月に入るとお歳暮シーズンで忙しくなってしまうのでへんこ軍団は世間より少し早い忘年会をピッコロモンド山田で開催しました。

今年は、40名もの山田製油スタッフが集結したので勝山シェフもいつも以上に気合の入った料理を作ってくださいました。  本当においしかったです。ピッコロスタッフの方ありがとうございました。

   

DSCN2494.JPG 

DSCN2500.JPG  DSCN2501.JPG

今井社員と女性スタッフです。 あちらこちらでスタッフ同士の楽しい会話が聞こえてきました。皆さんいい笑顔だったなぁ~!! 

            DSCN2506.JPG  DSCN2503.JPG   

おおおぉぉぉ~こちらでは新シェフと垣谷シェフのお料理教室が始まりました!

   DSCN2514.JPG      

DSCN2521.JPG ! 

↑パスタ作りを伝授する新シェフ。    ↑ピザ作りに必死な3名!!写真とりますよ~無視です☆

 

            DSCN2515.JPG  DSCN2518.JPG

 あっちでは今井さんが魚を三枚に下ろしているではないですか!!意外な一面も見る事ができました。(学生時代魚屋でバイト経験ありだそうです)お見事?です。

                  DSCN2492.JPG  

じゃ~ん出来上がりはこれ~ではありませんよ。写真は勝山シェフ作です。今井さんのお刺身は、盛り付け前にみんなで食べてしまいました。

楽しい楽しい時間はあっというまに過ぎてしまいました。ほんと楽しかったです。社長ありがとうございました。

まだ忙しい12月が残っていますが会社一丸となり乗り切りましょう!

少し早いですが2008年皆様お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 
2008年11月26日

やぁー。秋ですねぇ。美山から秋の味覚だより
中井 亮

日に日に寒くなって来ましたね。

私の故郷美山でも先日初雪が降ったそうです。

秋といえば食欲の秋。と言いますが、私の実家の近くの柿の木もたくさんの実を付けてくれています。私が生まれる前からあるので、随分お年を召されていますが毎年たくさんの甘い実を付けてくれています。

今年ももうぼちぼち終盤です。

秋の美山.jpg

実家に帰ると、もちろん何も遊ぶところが無いので、寒くても外を探検して、いつも川に入ったり、釣りをしたり、生き物を取ったり、四葉のクローバーを探したりとメニューが豊富なのですが、この日は落ち葉を集めて「焼き芋」を作りました。

落ち葉集め.jpg

食べることが何よりも好きな2人の子供。

いつもになく、せっせと落ち葉を集めてお手伝いをしてくれました。

お芋ほくほく.jpg

私も小さな頃に、おじいちゃんに作ってもらった記憶があるのですが、久しぶりの焼き芋でした。

案外早く仕上がるんですね。15分もしないうちにホクホクの焼き芋の出来上がり!!

下のチビ助は、焼きあがるのが待てず近くにあった柿を皮のまま口へ入れています。

器用に皮を「ペッ。ペッ。」と吐き出しながら丸かぶり。。。

私も確か昔こうやって食べていました。さすが親子。

二人.jpg

「めっちゃ甘い。」

確かにサツマイモはこんなに甘いものか!!と感じるほど甘かった。

懐かしい味です。

 

待ってー.jpg

チビたちが通っている保育園では、今インフルエンザが大流行。

お陰さまで、我が子の2人は鼻を垂らしながらも元気一杯です。。。

2008年11月24日

勤労感謝の日
大槻 健一

昨日、仕事から帰ってくると嫁さんと娘が
「お父さんのために二人でおはぎをつくったし食べてな。」
「いつも働いてくれてありがとう。」

の言葉。

 

 


おはぎ.JPG私はおはぎが大好きです。作ってくれた嫁と娘に感謝しながらいただきました。 

 

 

鈴木 さゆり

我が家の小さな花壇で、この季節唯一花を咲かせているのが「さざんか」。

童謡「たきび」に出てくるので、真冬に咲く花というイメージがありましたが、今年の咲き初めは10月なかばで、最初に咲いた花にさっそくアシナガバチがご出勤。
08-10-17_20-10-1.jpg
            携帯で急いで撮ったので、ぼんやりですみません。

こうやってハチやいろいろな虫が来るのって、困ることもあるけれど、自分の育てているものが自然に認められたような気がして、ちょっと嬉しくもあります。

今日11月24日にはほとんど咲き終わって、蕾は数えるほどしか残っていないので、名残の一輪をパシャリ。
IMG_3135.jpg
蕾の頃は花弁の端が紅いのですが、咲ききるとほとんど真っ白。蕾が開きはじめて咲ききるまで、いろいろな表情が楽しめます。
「さざんか」は漢字で書くと「山茶花」で、山と茶が逆なのはなんで?とずっと思っていました。
これを機会に調べてみると、もともと中国語表記から「さんさか」と読んでいたのが「さざんか」に訛って変化したのだそうです。


2008年11月24日

ちゃんこ鍋で心も体もぽっかぽか
仲井 和幸

先日、若手社員で「夢人~MOOD~」へ行って来ました。

夢人MOOD.jpg寺阪社員の知り合いのお店で、おすすめのちゃんこ鍋と串揚げを食べました。だしがしっかりしていて、つくねが特においしいちゃんこ鍋でした。串揚げも素材のおいしさはもちろんのこと、カリっと食感を楽しめる一品でした。お店の雰囲気も良く、何よりも店員さんの笑顔が印象に残るお店でした。

  ちゃんこ鍋.jpg 串揚げ.jpg 店員さん.jpg                                                                                                                                                                                                                              

この日は、初めて若手のみの食事会で、ちょっぴり緊張した始まりでしたが、仕事の話はもちろんの事、プライベートの話などお互いの考えや思いを話し合っているうちに気が付いたら3時間も経っていたほどなかなかアツイ食事会になりました。話し合うことの大切さを再認識した時間でした。

右前...細川社員 右後...池田社員 左前...寺阪社員 左後...私(仲井)

みんなでピース.jpg 
2008年11月21日

うまいぞ!自家製黒胡麻パンナコッタ
仲井 和幸

最近、我が家では食後のデザートが恒例になっております。

本日は、当社の黒練り胡麻(純国産黒練り胡麻和三盆入り)を使ったパンナコッタを嫁さんが手作りしてくれました。

これがまた、うまいこと!ヒットしました。いや、ホームランでした!

 

こちらが希少価値のある国産黒練り胡麻に、和三盆糖(サトウキビ糖)入りで上品な甘さです。

※当社が一時商品化したものですが、今は販売していない商品です。

純国産練り胡麻和三盆入り.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

こちらが、仲井家特製黒練り胡麻パンナコッタ

黒胡麻パンナコッタ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参考までに、レシピを載せますね。是非、作ってみてください。

材料(4人前)

ゼラチン5g 水30cc 牛乳200cc 生クリーム200cc

砂糖30g 練り胡麻30g レモン汁10cc

①ゼラチンと水を混ぜて、電子レンジで30秒温め溶かす。

②牛乳、生クリーム、砂糖、練り胡麻を鍋に入れて弱火で加熱する。

③鍋の端がブツブツ沸いてきたら火を止めてゼラチン、レモン汁を入れて混ぜる。

④カップに移して、冷蔵庫にて3時間ほどで固まり完成。

 

はい、召し上がれ?

パンナいただきます.jpg 

 

 

2008年11月19日

うまいぞ酒田。こでらいねぇ。
中井 亮

先日の報告でもアップしましたが、私は今、第2の故郷である山形県に出張中。

大学時代鶴岡で3年間を過ごした私は、遊びも勉強(?)もたらふくしましたが、地元の素材をあまり食した記憶がありませんでした。

今から思えば「なんともったいないことをしたんだ。」と後悔しています。

今日は鶴岡のお隣酒田市から、ほんまにうまかったお魚を中心に紹介いたします。

今回の中合清水屋さん催事の期間中に何度か足を運んだ「富重」さん。

美味しい食事の連続で写真を撮ることを忘れてばかりでしたが、今回は箸をつけずに撮影を成功させました。

お通し.jpg

 まずはビールで乾杯。(もちろん飲めない私のビールは最後までありましたが・・・。)

小鉢.jpg

胡麻豆腐に、大根の田楽味噌、白子

  獲れたて赤エビ.jpg 

今日港に上がったという赤エビ。綺麗な自然のままの赤エビ。青い卵ちゃんも透き通るような色でおいちぃ。

 

地物毛ガニ.jpg

酒田の毛ガニ。毛ガニって酒田でも獲れるんですね。身自体がものすごくジューシーで濃い味。そしてさっと殻からほぐれていきます。

地物トラフグ.jpg 

フグ。ふぐ。FUGU。

酒田のトラフグでちゅ。

煮魚.jpg

大好きな煮魚。良く漫画に出てくるネコちゃんが加えた魚のように芯まで頂きました。魚の甘みと何とも言えない海の味がします。

 

さあ焼いて.jpg

次は獲れたてを七輪で焼きなさい。。ということで

 

かにのしちりん.jpg

イカさんとカニさん。綺麗な透明をした蟹を炙っていただきます。

イカは腸で作った醤油のつけだれに付けて。 

 

かにみそに日本酒.jpg

カニ味噌は日本酒を入れて。。。

私はカニ味噌も日本酒も苦手ですが、香りといい、見た目といい絶対うまいに違いありません。

目と鼻だけで旨さが頭に容赦なく入ってきます。 

かれいのから揚げ.jpg

カレイのから揚げ。ほんまに絶対うまい。天つゆもいいですが、私はカレイをそのままバリバリ骨ごと食べました。 

さわらの西京焼.jpg

さわらの西京焼き。

 

飛島のいわのりにぎり.jpg

飛島の岩ノリで作ったおにぎり。

海にもぐりながら大好きなおにぎりを食べている感触。鼻から口から磯の香りが湧き出てきます。100点満点。

 

もうそう汁.jpg

庄内名物「もうそう汁」。魚のあら汁みたいなもの。岩ノリが入って自然なとろみがかかり1000点。

  deza-to.jpg

デザート。胡麻豆腐にきな粉をかけたものと、バニラ、フルーツのヨーグルト和え。

ごまどうふきなこ.jpg

こちらの胡麻豆腐は自然薯が入っているためかモチモチした食感。

きな粉が掛かるだけで本当に胡麻モチ化したデザートになっていました。

胡麻きな粉と合わせたらどうなるのかな?

この内容で、ビールと焼酎や日本酒を飲んで一人5,000円しませんでした。

場所によっては数品食べただけで1万円は超えそう。。。

サービスもあったのかもしれませんが、季節を感じながら目、鼻、舌、耳のあらゆるところで満足しました。。。

ほんまにウマかったっす。。

大将も「料理と一緒に次来てくれる楽しみを届けたい」と行く度にメニューや、調理方法を変えて楽しませて下さいました。

また行きたい。。。

食います。.jpg

 

2008年11月18日

娘のお食い初め
仲井 和幸

8月4日に生まれた愛娘は先日100日を無事に迎え、お蔭様で心身ともにすくすく育っています。娘も生後100日という事で、赤ちゃんの祝い事である「お食い初め」を致しました。お食い初めとは、「お箸初め」、「歯固め」ともいい、食べ物が豊富でなかった時代に、「一生食べ物に困ることがないように」と願いを込めて行ったと言われる儀式です。

しきたりでは祝い膳ですが、わが家では今後離乳食なので使う食器で、赤飯、尾頭付のお魚(鯛)、煮物、ナマス、お吸い物の一汁三菜を用意しました。それと、歯固めの意味を込めて近くの松尾大社の小石もお皿へ。

お食い初め全体.jpg

画像が小さいので、アップの写真も載せます。

①京都丹波産栗と小豆のお赤飯(もちろん当社ごま塩をまぶしました)

赤飯.jpg                                                          

 

 

 

  

②煮物(筍とごぼうと人参といんげんとちくわ)

煮物.jpg

                                              

 

 

 

  

③紅白ナマス(大根と人参とタコ)

なます.jpg                                             

 

 

 

  

④お吸い物(アサリ)

お吸い物.jpg                                           

 

 

 

  

元気で素直な子どもに育ちますように...と願い、私たち夫婦も気持ち新たに心休まる温かい家庭を築いていこうと決意した一日でした。

2008年11月18日

無性に食べたくなる タイ料理。
菊岡 信義

2週間もすると たまらなくタイ料理が食べたくなりませんか?

私は催事出張中でも食べたくなったら

知らない街でもタイ料理屋を探し出します。

 

最近では、地方都市でも大抵1軒はあるものです。

そんな中でも、京都在住の私が足繁く通う店が

大阪・高槻にあります。

店名は熱帯食堂です。

阪急とJRのまん中ぐらいのビルの4・5Fにあり

店内はエスニックな雰囲気でいっぱいです。

 

 

昨晩も無性に食べたくなり 出かけてきました。

店内は、他の店のタイ人コックさんやタイ好きの方々

デート中のカップルなどいつもの雰囲気でした。

 

ナムトク.JPG

あぶり豚と香草サラダ(何とかナムトク)

炒り米の香りがポイント。

 

ビールがグイグイすすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コムヤーン.JPG

 

コムヤーン(豚のノド肉のあぶり焼き)

タイの東北部イサーン料理の中で

一番大好きな料理です。添え物のたれナムチムがたまりませんね。

 

コムヤーンがビールをグイグイ飲ませます。

 

 

 

 

 

帰りの締めは決まって、阪急高槻駅前のうどん屋さんで。

 

 

 

てっこり.JPG

 

 

その名も てっこりうどん さん。。

お兄さんが中に一人座ってはります。 油かすが入ったおいしいうどんです。

おだしは甘めでかつおだしが効いてます。

丸イスで食べるとなぜか さらにおいしいんですよね。

 

うどん.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜も完食しました。。

 

 

 

 

2008年11月17日

誕生日
大槻 健一

先日、社長夫妻、仲井カズ君とゴルフに行った帰りの車内の中で誕生日の話になりました。

新婚のカズは今日は奥さんの誕生日で服をプレゼントすると言っていた。

そういえばもうすぐ嫁さんの誕生日、ここ何年かは「おめでとう」と言うだけで何もしていませんでした。 たまにはケーキでも買ってこようかなとふと思いました。

そして誕生日当日の仕事終了後にケーキが美味しいと評判の南丹市八木町にある『ピエロ』さんでケーキを買いました。

夕食後に家族でお祝いしようと思っていましたが娘が体調が悪く食べられなかったので子供が寝たあとに二人で食べました。(子供の分のケーキは別に残してあります)

ケーキ1.JPG

ケーキ2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

翌日には娘も復活してしっかりとケーキを食べていました。

ケーキ大好きの嫁さんも喜んでくれたのでよかったです。

 

2008年11月16日

只今横浜、上大岡☆
荒 えり子

これ、なんだかおわかりですか?

地下鉄車内2.jpg

実は...

地下鉄車内.jpg横浜地下鉄車内です。

うわ~洒落てる~と通勤の朝から嬉しくて。

開港150周年のらっぴんぐ地下鉄。

実は昔横浜に住んでいたので、明治時代を思わせる建築物など訪ねては歩いた思い出がよみがえります。

もうひとつ、住んでいた頃の思い出はこれ。

 

 

 

 

 

 

 

にっ本丸夜.jpg

 

桜木町にある帆船「日本丸」

残念ながら展帆は月一のためその勇姿はおがめませんが。

新人研修はここでした。やしの実で甲板を掃除したり(どれだけ広いか!)カッター訓練をしたり(6人乗りボート)。オールが流されて泣きそうになったり、いい思い出。

これが印象に残り帆を広げるボランティアにも参加。

トップのロイヤルまでは横浜そごう8階分の高さ。

ロープの結びや位置の名前など忘れてしまいましたがテキストは大事にとってあります。

思い出の横浜は上大岡京急さんの地下で11月19日までがんばります。

今日は雨模様ですがみなさんお待ちしております☆

 

 

 

 

 

2008年11月15日

宮崎 うまい店 その2
滝 良太郎

11月15日

宮崎で前述の「川喜」さん以外にも、うまい店があったので

紹介させてください。




宮崎と言えばチキン南蛮ですね。ですよね?

うまかったですよ。

「ほか弁」のチキン南蛮弁当もうまいのですが

本場で食べたチキン南蛮はやっぱり美味かったです。

何件かで食べましたが、一番うまかったのは「東京庵」というおそば

屋さん。

橘通りから一番街アーケードに入り、西橘通りを右へ曲がったらすぐ

左です。

当然ほか弁よりも鶏肉自体がおいしく、皮がパリッとした歯ごたえで

おいしいです。




「川喜」さんの店長から教えてもらったラーメン屋「宝来」さんも

おすすめです。

正確にはおすすめのお店だと思います。

じつは「川喜」でかなり気分よくイモ焼酎を飲み過ぎたため、記憶

があいまいでしっかりしたレポートができません。

でも間違いなく美味いでしょう。(かすかな記憶と勘です)

このブログを見てくださった方が確かめてくださると幸いです。

申し訳ございません。

橘通りから一番街アーケードに入り、西橘通りを越えて、しばらく

すると左手にあります。






うまい本格ピザを出す店「アルベロベロ」さんもおすすめです。

薄く焼いた生地にトマトをたっぷり、そこにコクのあるチーズを

たっぷり。

また、もう一度食べたい味です。

ピザにはやっぱりコカコーラが合います。

店長さんは強面ですが、話すと気さくな職人さんでした。

山形屋百貨店の裏手に「猫の足あと通り」という小路があり、そこ

にお店はあります。





そして最後は「肉巻きおにぎり」です。

おにぎりに味付けチャーシューを巻いてあるのですが、これが感動

するほどのうまさ。

チャーシューの味がご飯にほどよくしみ込み、小腹のすいた夜には

最高でした。

飲んでホテルに帰る途中「肉巻きおにぎり」を買って、自室で

お茶とともに食べるというのが僕の「宮崎スタイル」でした。

西橘通りにテイクアウト専門で数件あります。

2008年11月14日

平和な一日です!
寺阪 亮

胡麻工場のある南丹市日吉町胡麻では、12時になると町内全域に"昼飯の時間ですよ"  夕方、五時になると"仕事終了時間ですよ"を伝える音楽が流れます。

そんな便利な、音楽が毎日流れるので胡麻のじいちゃんばあちゃん達は、時計なんて必要ないのです! 

今日、12時の音楽が流れたのと同時に "飯でけたぞー" と社長が胡麻にこられました。

本日の昼食は、社長の手料理をご馳走になります。

                      社長.JPG

自宅から炊飯器まで持ってきていただき準備OKですね!"なんもせんでええから座っとけ!"やさしいお言葉を頂きまして料理が出てくるのを待っていますと・・・☆

             raisu.JPGDSCN0001.JPG  

 "じゃ~ん"    社長作 へんこチキンライス(スープ付)でございます!へんこだれ・らぁ油・塩・コショウをお好み加え頂きました。 

これぞ男の料理!!   ほんとうに美味しかったです。 ご馳走様でした。

                    kesiki.JPG 

工場から見える紅葉をながめながら ほんと平和な一日です。                  

 

 

 

 

2008年11月13日

皆さま。また今週もやりまっせ・・。山形編
中井 亮

今回は山形県酒田市から中井君情報。。。

山形県は私の第2の故郷。

実は私は大学時代の4年間を山形県で過ごしました。

山形市で1年間。鶴岡市で3年間。

大切な友人とパチンコと勉強!?も含めてとても貴重な4年間でした。

そんな山形県の酒田市に今回は訪れています。

おいしい魚や、たくさんのおいちい地元の味。

懐かしい方言に心を癒されていますがやっぱり寂しがり屋の中井君。

あなたからの温かいお言葉を今回もお待ちしています。

今回の合言葉は

「とり浜の焼き鳥は最高ですね!!」

この合言葉を下記会場の山田製油売り場にいる私に掛けて下さった方全員に超豪華賞品をプレゼント!!

ちなみに「とり浜」とは私が大学2年から卒業するまで、我が家のように可愛がってもらったバイト先です。

今回の催事中に行ければいいのになぁ。。。

(募集)期間:平成20年11月12日(水)?11月18日(水)

(募集)場所:中合清水屋店5階催物会場(山形県酒田市)

さぁ、みなさん待ってますよー。しぇばのー。


最後に昨日行った酒田のおいしいお店をご紹介。

mozuku.jpg

もずく酢:海藻の濃厚な味に程よい酸味でした。


taisyou.jpg

大将でございます。

今回の催事には弊社専務と一緒に来ているのですが今回の「こい勢」さんには毎回足を運ぶそうです。

この数年間に何度も足を運んでいるようで大将も懐かしそうにネタを捌いて下さりました。


botannebi.jpg

ボタンエビ:プリップリッ。大きな身で本当に濃厚な味わいを楽しめました。


ebinotamago.jpg

ボタンエビは、身、卵、頭焼きと3度楽しませていただきました。


ebiage.jpg

捌きたての海老さんの頭を炙っていただきました。ポリポリと本当に濃厚な味わいです。


sasimi.jpg

お刺身でございます。


yakianago.jpg

アナゴの白焼きでございます。


hatahata.jpg

ハタハタ。懐かしい。

最近は干物でお目にすることがありましたが、今回は新鮮なハタハタ君がご夫婦でお見えになりました。

学生時代に戻れるなら、もっともっと山形を楽しめた気がします。。。

次は嫁さんを連れてきてやろう。。。

2008年11月12日

長崎で散歩。。。
徳田 博美

長崎でのお仕事が終わり

京都に帰る日の朝、

飛行機に乗る前にどうしても行きたいところがあって。。。

081104_0844~0001.jpg 081104_0911~0001.jpg

 

オランダ坂から大浦天主堂、グラバー園。。。

お日様がさしてきて

大浦天主堂のステンドグラスがキラキラしていて

坂道なんてへっちゃら。。。

気持ちのよい朝でした。

 

2008年11月12日

プラズマテレビ!!
今井 貞夫

 テレビが故障してから約3週間。

29型インチのブラウン管テレビがたった5年で故障。

壊したのは、愛娘であることは間違いない。

そんなこんなで、先週の土曜日(11/8)に電気屋へ出かける。

山田電気とコジマ電気 

・両販売店とも液晶テレビかプラズマテレビしか売り場にはない。

・そして3年後の地デジ(地上波デジタル放送)対応テレビ。

・画面は全部ワイド型。

 液晶テレビは、画面の損傷に弱い(パソコンの液晶画面同様)ので、ブラウン管テレビの画面強度に近いプラズマテレビに的を絞る。

 問題は、プラズマテレビだと最小で37型からでないと無いとのこと。理由は、作るのにとっても技術がいるらしく、37型以下だとメーカーの採算が合わないとか。37型にしても、やっと最近世の中に出たとか。

「今までの使用は何型ですか」:店員

「29型です」:わたし

「それなら、最低でも37型ですよ」:店員

んっ!!なんで!!!

 29型ブラウン管テレビは画面が正方形に対して、ワイドテレビは高さがない分、横長になっているとのこと。そして、奥行がない分すっきりして見えるのだとか。

~~!29型ブラウン管テレビのサイズを測ってきたのだが、やはりワイドテレビの方が大きい。

液晶テレビなら小サイズから大サイズまであるのに。但し、画面の強度が弱い。ん・・・・

決断!!プラズマテレビ37型に決定。

再度、両販売店の店員の話を聞くのと、値段の違いを確認。

 たまたまコジマ電気で日立フェアーが2日間(土日)開催されていたことで、欲しいなあと思っているテレビの値段は山田電気より安い。

 但し、一番の決め手は店員の対応ですね。わたしには山田電気の店員がどうも苦手というか、合わないですね。そのように感じられている方も多いのではないでしょうか・・・・今回だけではないですね。

やっぱりお客様に対する対応が一番心に残ります。

コジマ電気で購入決定!!翌日我が家に今まで想像もしなかったテレビがやってきました。

めっちゃ違和感あり。

 

 HITACHI : Wooo World ハイビジョンテレビ ※ご参考までに。

200811112222000.jpg

 

2008年11月12日

寒くなってきましたね!冬はやはりコタツですね☆
寺阪 亮

先日の日曜日の事です。朝おきると部屋の中はとっても寒くなっていました。

テレビの天気予報では、今年一番の冷え込みとのこと・・・結婚して約半年が経過しようとしています。最初は生活感のない部屋でしたがだんだんと二人の住みやすい部屋と変わってきています。

寒くなればやはり こたつ ですよね!

早速!奥様をたたき起こしコタツを購入する為亀岡サティに向かいました。

"これは地味やしなぁ、あれは少し派手やなぁ"と二人で相談しながらやっと購入することがでしました。

お恥ずかしいですが、購入したコタツと二人の今一番落ち着く居場所です。

            IMG_0263.JPG

今年の冬は、このコタツに潜りこみ二人でいろんな話しをしていくことでしょう!

たまにはコタツでウトウト朝までぐっすり寝てしまうことも!!!

コタツでのうたた寝が原因で喧嘩はしないようにします☆

            IMG_0265.JPG

新しいPCも購入しましたのでこれからはどんどん投稿していきますよ。




2008年11月11日

初めての新潟はこんな感じ~
菊岡 信義

催事出張ではじめて新潟にお邪魔しました。 

秋は催事のシーズンで、社員は手分けして全国へごま油の布教?へ出かけます。

新潟滞在1週間。 

新潟のたくさんのへんこファンにご来店いただき

大盛況のうち無事終了致しました。

新潟のみなさま 有難うございました~。。

 

菊の花.jpg

 

菊の花のおひたし。歯応えもよく もちろん味もよく

気に入りました。共食いになるかな?

 

 

 

 

 

 

 

越の寒梅.jpg

 

 

新潟といえば日本酒。 学生の頃のあこがれのブランド

"越乃寒梅"と これまた大好物クジラです。

名物だそうで クジラの味噌漬けを初めていただきました。

クジラベーコンよりも上品な味で日本酒によく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

へぎ蕎麦.jpg

 

 

これも名物、へぎ蕎麦。 海藻(ふのり)を繋ぎに使っているため、ノド越しツルッと美味しいです。

へぎの上に並べたことからへぎ蕎麦だそうで・・。

今回の自宅へのお土産はこのへぎ蕎麦。気に入りました。

催事ですり鉢を使ってすりごまを擂っていますが、側面にこびり付くごまを剥がす道具を へぎ と呼んでいます。昔の折詰め箱の材料ですよね。

 

 

 

 **お寿司もおいしいし、新潟ラーメンもよかったなぁ~。(写真忘れました)

  残念なのは新潟式カツ丼を逃しました。次回のお楽しみですね。

 

 

 

 

 

2008年11月11日

自然農法で栽培された野菜販売店へ行ってきました。
辻川 正之

      ガイアプロジェクトのお店 旬菜花さき山 へ行って来ました。阪急長岡天神駅から800m歩いて  15分程度の処にあります。商店街通りから600m外れた閑静な住宅街にポツンと店をだされています。人通りが少なく買い物は商店街でされるので経営的には、非常に厳しい状態であるとのことです。男女各1名計2名で運営されています。20種類程度の野菜(旬の野菜で西村先生がこれは自然農法で作られた野菜であると認められた野菜のみ販売)と味噌、紅茶、珈琲、お茶などを販売されていました。また、今後の展開として現在、野菜を使用したシフォンケーキを試作中でした。(試作品を食べさせて頂きましたが、なかなか美味しいケーキでした。)近日販売予定。更に、野菜を使った惣菜も作っていきたいと意欲的に発言されていました。製造工場を南丹市日吉町胡麻に持っているので、今後いろいろな物を作って世に送り出していくと鼻息荒く話されていました。開店してまだ3ヶ月しかたっておらず、店内はとても綺麗で整然と陳列されているが、それがかえって仇となり来店し難い状態を醸し出しています。待っていても来店客がないので、店先へ出て人でも車でもバイク、自転車でも通る方、全ての方に声掛けをしているとのことでした。いろいろ話している間に時間がたってしまい慌てて辞去してしまい、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。次回、行くときには必ず写真を撮ってきます。資料は、しっかり頂いてきました。

下の写真が茄子畑です。雑草の生い茂った中にナスの苗が見えています。自然の環境の中で逞しく育った野菜を収穫し、また来年この逞しく育った種子を育てていきます。年々逞しい野菜が育つ訳です。美味しくて、健康な野菜が栽培されています。

 

    下のチラシは、現在旬菜 花さき山 で配られているものです。手書きされたプリントをコピーして、その後に色鉛筆で野菜に色つけをされています。1枚1枚丁寧に描かれています。 

中村さん.jpg

この後の写真は、現在当社店舗で販売しているガイアプロジェクトさんの野菜です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年11月11日

日にちが足りない八戸。
荒 えり子

熱い人が多い八戸。

「八戸の鯖」を広めようと試行錯誤してる人、名物「せんべい汁」の進行形「せんべいカフェ」あり、なんだか面白い。

頑固職人もいらっしゃる。

握りアナゴ.jpg

「銀寿司」さんのアナゴ握り。

注:こんなに大きいのはこれだけです。

ふっくらとした柔らかさ。

とろけます。

この"たれ"がまたおいしいのです。

ねたはもちろんいい。

ほたて。あま~い。

大将はこの界隈では有名人と鯖屋さんから伺いました。

 

辛味大根そば.jpg

「番丁庵」さんの「辛味大根そば」

新そば。こしがあって香りがあって

そりゃあもう...

偶然入ったのですが、本社ラベルなどでお世話になっている書家の豊口先生とお知り合いとか。

縁ですね。

 

 

 

 

番丁庵内.jpg

                    八戸は今日1日。私も新たなお客様と出会えるのを楽しみに今日も

         頑張ります。

 

八戸続きはまた~

 

 

2008年11月 9日

居酒屋「旬彩くっちぃーな」
仲井 和幸

11月5日(水)~11日(火)柏高島屋「大京都展」10:00~20:00(最終日11日16:00閉場)

3日目終了後に両隣のお店の店主である、だしや「うね乃」出野君、京履物「伊と忠」濱野さんと一緒に宿泊している三井ガーデンホテルから程近い路地裏にある居酒屋「旬彩くっちぃーナ」に行ってまいりました。

店外観.jpg

ちなみに、クッチーナ=台所、キッチン(イタリア語)だそうです。

右...出野君 中...私(仲井) 右...濱野さん(当社ラー油を気にってくれました)

な・な・なんと出野くんと濱野さんとは生まれた年は違うものの誕生日が一緒であった事が分かり、お互いに同じ誕生日の人に会うのが初めてだったようで豪く盛り上がっていました。

集合写真.jpg

おいしい食事とお酒を飲みながら明日からの健闘をお互いに励ましあいました。

カルボナーラ.jpg 合鴨のそぼろとシャキシャキ野菜の生春巻き.jpg

 

 

生ベーコンとアスパラのカルボナーラと合鴨のそぼろと水菜の生春巻き

2008年11月 8日

国産無添加手作り梅干し
鈴木 さゆり

我が家の次男(高2)は梅干しが大好物。
ひょっとして日本一ではないか、と思うぐらいの梅干し好きです。
そして味にうるさい。

最近よく出回っている「はちみつ」を使ったものなどもってのほか。
余分な調味料を使ってあると、「へんな味がする」と言って食べません。

本来それ自体が保存用食品なのに、現代人の嗜好に合わせたり、減塩をうたうことで塩を減らし、添加物やほかの調味料を使うことになっているのでしょうが、そうなると、彼の食べられる梅干しはほとんど入手困難です。

唯一食べられるのが「おばあちゃんの梅干し」。
実家の母がほぼ毎年、義務のように漬けていました。

IMG_2776.JPG
    次男はご飯なしでこれを二個ぺろりと食べる・・・

完全無添加の手作り梅干し
(某ごま油メーカーの製造担当の方、無添加ですよ!いかがですか)

母曰く「昔はなじみの八百屋さんからいい梅を買っていたけれど、お店が無くなったので
いい梅が手に入らない」とか
そして「自分はこんなに大きいのは一度に全部食べられないし、ほかの家族もそんなに食べない・・・」
と言いながら毎年漬けている。
長年身についた季節の仕事なのでしょう。(私には身についていません 反省)

次男曰く「お母さん、おばあちゃんに習って作ってよ」
・・・ごもっともです。
でも、梅を漬ける時期って忙しいしな・・・といつも言い訳をしております。
でも、母が元気なうちに習っておかなくては。

次男には邪道と言われますが、私のおすすめ梅干しメニューは
         「梅干しうどん」

IMG_2799.JPG
その昔、長男を妊娠中のつわりの時期、勤務先の社員食堂は近寄ることもできず、近くの
お店のこれだけが仕事中の糧でありました。

毎年「おばあちゃんの梅干し」が食べられるよう、母の健康を祈っております。
2008年11月 6日

同級生と快食
仲井 和幸

昨日から始まった柏高島屋「大京都展」11月5日(水)~11日(火)7日間10:00~20:00。関東催事2回目で、今回は高校時の同級生で野球部での同志であった出野くんと久しぶりに催事であったので晩御飯を食べに行ってきました。彼は、京都のだしや「うね乃」の社員。うね乃さんで務める前にホテルのボーイからウエディング衣装屋など色々と経験し、うね乃に勤めて3年の彼は、以前の彼とは違う面がたくさんありました。高校のときは、お茶目でおふざけ好きの明るい人。今はその性格に加え、とても行儀が良く、心配りのできる社会人になっていました。そんな彼とおいしい食事とおいしいお酒が飲めてとてもいい気持ちになれた快食会でした。また、こんな機会を作ろうと思いました。

 柏駅から徒歩3分ほどにあるイタリアン料理屋「ビストロ コトコト ココット」

①豚のベーコンと20種類の野菜のサラダ

②鴨のコンフィー バルサミコの香り

③カプリチョーザピザ

④豚のグリル(塩漬けバラ・手造りソーセージ)

081105_2047~0001.jpg

081105_2053~0001.jpg 

081105_2104~0001.jpg 

081105_2104~0002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

2008年11月 5日

静岡で「カレーもつ」
椎村 祐一

 今回静岡松坂屋さんの「京都展」に1週間催事に行ってきました。

静岡には中学の修学旅行から数えて何度かお邪魔していましたが

1週間それも仕事では初めての事です。

行く前は「おでん」「うなぎ」etcをイメージしていたのですが

今回は「カレーもつ」に出会いました。

店の名前は「金の字」支店で葵区常磐町1。

金の字.jpg

実は最近までホルモン系が苦手だった私ですが

最近少しずつ食べられるようになり,頂ました「カレーもつ」。

カレーがいっぱいかかっていてモツが串に刺さっていなければ解らない状態です。

カレーの辛さはさほど辛くなく,うちのラー油を一滴垂らしたい感じでした。

モツカレー.jpg

でもモツの食感とカレーは相性よく,余ったカレーは生キャベツにつけて完食です。

後は焼き鳥(はつ・ネック・ねぎま・ナンコツなど)鳥好きにはたまらないメニューを堪能しました。

焼き鳥.jpg

お酒の方も日本酒・焼酎なども品揃え豊富でいろんな味に挑戦しました。

店内.jpg


店内1.jpg


是非一度皆さん行ってみてください。

大将は大の「鉄道模型ファン」ですよ!!