space
商品カテゴリ
新着情報

Loading
全国催事のご案内
取扱店一覧
安心安全をお届けするために
へんこを貫くごま職人
へんこ社長の胡麻便り
胡麻でごま栽培
スタッフの雑記帳
イタリアンレストラン:ピッコロモンド・ヤマダ
メディア掲載歴
リンク
box
end
お支払い方法
発送について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
お客様QアンドA
山田製油桂店
〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後7時
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時
スタッフの雑記帳


2009年3月29日

富山・氷見でのお楽しみ。。。
徳田 博美

おいしいお魚が食べたい。。。

食いしん坊の三人娘が揃いました。

富山・神奈川の友人と現地集合、現地解散の旅です。

富山の友人がおいしい鰤しゃぶを食べれる海沿いのお宿を

予約していてくれました。                  090310_1915~0001[1].JPG

お造りからはじまり煮物、揚げ物に鰤しゃぶ・・・

すべて鰤づくし♪

鰤しゃぶいただきます~~~。

ぷりっぷっりっっっですぅ。。。

波音を聞きながらの露天風呂も落ち着くわ。

海が月にてらされてキラキラ。。。

                                   090311_1148~0001[1].JPG

翌日は                           

 飛騨にある白川郷へ。

一度じっくりと見てみたかった合掌づくり。

この日は雪が舞い散る寒い日で

震えながらの建築物の見学。。。

昔のヒトはすごいですね。

                                

090311_1544~0001[1].JPG飛騨を後にし金沢へ。。。

金沢21世紀美術館へ行くことに。

うわさには聞いていたこの美術館。

迷路のような美術館は外の光が多くさし開放的で

展示物より美術館の空間に圧倒です。

 

次にこの食いしん坊娘が揃うのはいつかしら。。。

夏の白馬。。。

それとも冬の白馬かな。。。

 

 

 

 

 

 

2009年3月28日

足が勝手に「馬天使」へ in 八王子・東京
荒 えり子

?1年ぶりの八王子そごうさんでの京都展。

八王子には音楽大好き人間の穂高さんがやっている「馬天使」という"喫茶&飲み屋"があります。

こことのご縁は「みんなちがってみんないい」よいうイベントでフラメンコ出演したこと。そしていつも世話になっている「SOHKOH」という店のマスターに "面白い人がいる"と紹介されたこと。

この日は雨で疲れもたまってるし...と思っていたのに、足が「馬天使」の方を向いていました。

久々なので歓迎で「フラメンコ」をかけてくれましたが、今はあまりない組み合わせのコンピCD。

ジャケ.jpg

「ラ・カイータ」の叫びのタンゴが入っていたり楽しませていただきました。

その後もいろいろ聴かせていただきました。

音楽情報もさることながら、「食」は...

  よっちゃん.jpgよっちゃんなんばん教えてもらいました。


※普段はこのメニュウありませんよ。

この日は「八王子・磯沼ファーム」の社長との出会いもありました。濃厚なヨーグルトで有名です。穂高マスターへのお土産をちょっと頂きましたが、ホントに濃厚!!

日本のヨーグルトはあっさり味な理由を聞くと、「ホルスタインの牛乳を使っているから。」と。

私がのめりこんだ話は「溶岩」という言葉から。

実は以前恵比寿で「溶岩」のキューブをみつけました。それをバーナーで焼いて鍋にいれると火山のようにぼこぼこと...と説明書を読んでほしくなったのですがそのままになってしまった...

磯沼社長の牧場には「溶岩を使った釜」があるのだとか!「溶岩」の穴から遠赤外線がでておいしく焼きあがるのだそうです。しかも散歩していたら「溶岩」をみつけ、そのまま使ってしまったというから面白い。バター作りなど色んなイベントも開催されているということなので、休みがまとまったら見学にいくつもりです。

さて夢の2ショット。左が穂高マスター 右が磯沼社長

夢の2ショット.jpg

「みんなちがってみんないい」は5月31日日曜日

詳しくはまたご報告します。

八王子そごうは3月30日月曜5時まで。

初登場の和ろうそくのお店も出ています。皆様お待ちしております。


2009年3月23日

10年ぶりの山形
中井 亮

 

 

山形到着.jpg

以前報告にも書きましたが、私は大学時代山形に住んでいました。

山田製油に入社して4年目を迎え催事で訪れたのは初めて。

というか、卒業して以来約10年ぶりの山形です。

やっぱり寒いけど何かいいよなぁ。って心から思いました。

よく行った郵便局も定食屋もパチンコ屋も懐かしい風景ばかりです。

大学.jpg

そして、搬入後辺りはすっかりと暗くなっていたのですが、久しぶりに母校を訪問してきました。

「おい!先輩にあいさつがないぞ!!」

と訳のわからないテンションを抑えきれませんでした。。

 

校内.jpg

大学構内。

あー懐かしい。食堂も教室もほんまに懐かしい。

大学からの道.jpg

大学からの住んでいたアパートまでの道のり。

この通りにあるアパートに住んでいました。

帰りに大家さんのおばあちゃんを伺いました。

もう10年も経つというのに、何と私のことを覚えて下さっていました。

おそらく80歳位かな?

元気で何より。本当に懐かしく、家の香りもあの時のままでした。

毎月家賃を持参していたのですが、その都度コタツに入ってお茶を入れてもらい、学校の話や友人のこと。家族のことを話しては楽しい時間を過ごさせてもらいました。

写真を撮らせて。とお願いしたのですが

「それだけは勘弁してよ」

と言われてしまいご紹介出来ないのが残念です。

松倉ハイツ.jpg

真っ暗ですが、私の住んでいたアパート。

自己満足な写真になってしまいましたが、今はどんな人が住んでいるのだろう?

 

というわけで私は今山形に来ています。

明日3月24日から30日まで、大沼の6階にて販売中。

山形の皆さん今回もやりますよ。

「HP見ましたよ。」

って言って下さった方には私から超豪華賞品をプレゼントします。

さぁ、皆様大沼でお待ちしています!

みつてる、あきのり、あずねぇ、よしえちゃん、メミちゃん山形に来てるよ~。

 

2009年3月22日

ベトナム ホーチミン旅行記 Ⅰ
今井 貞夫

現地気温32℃(2月京都の最高平均気温9℃)

ホーチミン初上陸後、現地旅行会社の方の送迎で、市内、宿泊先に移動(約30分)

移動中、旅行会社の方の説明の中で、ベトナムについての簡単な説明を聞く。

ホーチミンは乾季と雨季の2つの季節に分かれている。

旅行中の2月は一年でもっとも降水量が少ない時期である。基本服装は夏服。

わたし個人としては、海外に行くならやっぱり熱帯気候の場所がいいですね。そして、時期は日本が寒い時に行くのが理想かな。気温の差で、これぞ海外に来たなーと肌で感じることができるから。そして仕事上から考えても2月は比較的落ち着いているので、リフレッシュ、新発見などを求めにいくにはもってこいの時期ですね。

 アジアンホテル到着

 DSCF6093.JPG DSCF6020.JPG 

          外観(フロント、ロビー)と部屋内はこんな感じ。

   DSCF6022.JPG  DSCF6024.JPG

            市内散策 聖マリア教会、聖母マリア像

             DSCF6081.JPG                   

 一番驚いたのは、バイクの数。そして、常に鳴り響いているクラクションの音。交通では圧倒的に車よりはバイクの数が多いこと。そして信号機がほとんどないこと。だから、道を横断する時は、とっても危険。わたしは最初は道を横断したくてもなかなか渡れず、誰か知らない人が渡る時にいっしょに渡っていました。徐々に解かってきたのは、怖がらず堂々と横断すること。そうするとなんとなく渡れてしまう。

 さて、まずはベトナム料理の代表格!

 ベトナム麺 「フォー」を食べにいきます。

DSCF6025.JPG

  DSCF6028.JPG

現地旅行会社の方に教えてもらったお店、「フォー24」へ。  

DSCF6027.JPG

  DSCF6029.JPG

トッピングの香草や野菜(バジル、ノコギリアンダー、ミント、もやし)、店内の様子。

麺は、きし麺の薄いバージョンのようなもので、麺にはコシがない。米粉で作られている。

スープは濃くがあり、とても美味しく食べやすい。とてもやさしい食べ物。

 

DSCF6030.JPG

  DSCF6031.JPG

サイゴン川。橋はないため渡り船を利用。数年後には日本企業が橋を建設する予定らしい。

とても眺めの良い場所で、まわりはカップルが多い。わたしはというと、現地の日本語が流暢に話せる方に捕まり、現地の事や橋の建設のことなど恐々しながら話ししている状況。たぶん親切な方なんでしょうけど・・・。そんなこんなで、ぶらぶらゆっくりと過ごす。

           DSCF6035.JPG    

  サイゴン川のディナークルーズ号。電飾は綺麗、正面の顔は可笑しい、少しダサい!?

  DSCF6052.JPG  DSCF6047.JPG

 レックスホテルの外のテラス席にてディナー。右写真に見える建物は、シェラトンホテル。

 眺めはとっても良い。なぜかここにきて肉が食べたくなったので、注文。

 ベトナム牛は甘味が少なく、パサパサしていて、ステーキとしては、わたしはちょっとおすすめできないですかね。

            DSCF6048.JPG

つづく。

 

2009年3月22日

初上陸!!ベトナム ホーチミン
今井 貞夫

 1週間後に4連休を控え、家族と旅行でも行くかな。

しかし、子供は幼稚園の行事がある。妻も予定が入っているためどこにも行けない。

わたしは何をすればいいの~。とわたしが悪いのですが・・・

 4連休をけして無駄にはしたくない!!

ジワジワ気持ちが高まっていく。それは一人旅。海外。

休暇まで日にちがないので、急いで旅行会社に行く。基本プランは自由行動。

第一候補に考えていたのは、韓国。しかし、ウォン安の影響などで超人気のため、どこの航空便も満席。考えは甘かった。

第二候補は、今までに行ったことのない場所にいこうと考える。香港・中国。しかし、ここでも航空便の手配ができずに断念。

 旅行会社の方が提案してきたのが、タイ・シンガポール・ベトナム。

タイ・シンガポールは行ったことがあった。そうなれば、ベトナム・・・。悩み、その場では答えがでず、一度考えますと旅行会社を後にする。

しばらく考える(約20分)

せっかくのチャンスを無駄にしたくない!!旅行会社に再度行く。すると先ほどの担当の方がいない。別の方に先ほどの経緯を話しする。旅行日まで日数がなく、今からではもう無理ですね、の返答。

渋々、旅行会社を後にする。しかし、どうしても諦めがつかず、場所を移し、さらに旅行会社を目指す。

次の旅行会社でも、先ほどの第一候補から話しをして行くが、状況は依然厳しい。

やはり考えは甘かったことを痛感。

ただ、旅行会社の方も親身になって色々と調べてくれている。

すると、ベトナム行きの航空便で空席あり。ヨッシャー!!

まず第一関門クリア。

次は、宿泊先。基本は自由プランであるが、宿泊先が決まらないとプランは成立しない。

宿泊先については、現地のホテルに確認する必要がある。その場では、答えはでず、リクエストという形で申し込みを終え、次の日に結果の連絡を待つことに。

次の日、正式に手配完了の連絡が入り、ベトナムホーチミンに行けることが決定。

めっちゃ嬉しかったですね。

話しばかりでごめんなさい、そんなこんなで、一週間後にベトナムに向けいざ出発!!

          DSCF6016.JPG 

           関西国際空港にて ベトナム航空

          DSCF6017.JPG 

          約5時間30分後 現地ホーチミン空港に到着。

          ベトナムホーチミン初上陸!!

 

 

2009年3月22日

新潟 定食屋 焼肉定食
滝 良太郎

3月21日(土)

さて、いよいよ新潟での最後の晩餐の日がやってきました。

 

前日に贅沢にお寿司を堪能してしまいましたので、この日は

 

すこし安めのものを食べることにしました。

 

それでも、どこでも食べられるチェーン店は避け

 

旨いものを食べようということで、前からサラリーマンがよく

 

集まっているなと気になっていた定食屋へ。

 

たくさんある定食メニューは、主に680円。

 

私は、おすすめの焼肉定食を注文。

 

そのお店では、すこし高めの980円でしたが、久しぶりに牛肉を

 

食べたい気分でしたので、300円の差くらいは守備範囲内です。

 

しかし・・・・・出てきた肉は、豚肉でした。

 

そういえば、その三日前に食べた焼肉定食も豚肉やったし・・・

 

新潟で焼肉といえば、豚肉なのか・・・それとも偶然・・・

 

よくメニューを見ると、そのお店のおすすめは豚カルビや

 

豚トロなどの、豚の焼肉のようでした。

 

でも確かに名物だけあって、脂がのっていて

 

とろけるような旨みのある豚肉でした。

 

これは980円の価値はあります。

 

新潟の豚肉文化?に乾杯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年3月22日

新潟 寿司 よしの鮨
滝 良太郎

3月20日(金)

新潟といえば米どころ。

 

そして新鮮な魚介類がおいしい。

 

ということは、やっぱりお寿司を食べねば。

 

サムライジャパンも韓国に勝ってくれたし祝勝会をしよう。

 

というわけで、一人お寿司を食べに行きました。

 

場所はイタリア軒というホテルのお隣、「よしの鮨」。

 

おまかせで3500円の握りを注文。

 

トロやウニ、甘エビにカニと贅沢で新鮮なネタを堪能。

 

カウンターで一人もくもくと寿司を食べる私に、店員は

 

一言も声をかけることもできない雰囲気だったようですが

 

おいしいお寿司をいただけて幸せでした。

 

週に1回はこういう贅沢もいいですね。

 

2009年3月20日

深夜のお土産 喜八洲の酒まんじゅう
鈴木 さゆり


3月19日、もうすぐ20日になりそうな時刻。
大阪は十三の名物「喜八洲の酒まんじゅう」を手に夫が帰宅。

IMG_3738.jpg
大阪の方はご存じでしょうか、
きーやすー きやぁすぅの さ~らまんじゅう さっかまんじゅう~

のCMソング、ラジオの深夜放送でよく耳にしていました。
「きやす」が「喜八洲」と知ったのは、かなり大人になってからでしたが・・・

IMG_3739.jpgIMG_3741.jpg















ふっくらふんわり、かすかにお酒の香り

蒸したてを箱に詰めるので、ちょっとくっついちゃっていました。





おや、白黒のおまんじゅうのむこうに白黒猫が・・・・・
IMG_3742.jpg


IMG_3743.jpg












隗ちゃん、おまんじゅうだよ






ふんふんふん・・・・





IMG_3744.jpg
・・・・・・・・・・???ちょっとぺろり

  
     受け取ったのが夜だったので、賢く我慢して翌日いただきました。ごちそうさまでした。
次のお土産は焼き餅がいいな♪♪♪♪♪♪
2009年3月20日

NY初上陸最終編
椎村 祐一

今日は最終日。やっぱり移動は地下鉄が一番。

まだまだ行きたいところ郊外なんかあるけど

NYヤンキースの本拠地ヤンキーススタジアムへ!!

新スタジアム.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ中で行っても誰もいないのを知りながら???。

なぜなら横に新球場建設中なのでどういう状況か知りたくて,外観からでは現球場でもまだ十分出来るのではと思うほどであった。

5番街を順番にブラブラ。初めてなので比較できないけど予想以上に人で賑わっているような感じ。

トリンプtower.JPGブランドショップ入り口には怖そうな警備員のお兄さんが---とても親切に開閉してくれます。

 

 

 

 

 

一度はステーキそしてミーハー的にセントラル・ターミナル駅構内にある

「マイケル・ジョーダン・ステーキハウス」でステーキ・チャウダー・ポテト・ビールを注文。

多すぎて完食出来ず。

ジョ?ダン.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

  

チャウダー.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステーキ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

全部が駆け足でゆっくり出来なかったですが

次回はゆっくり滞在出来るようにします。

その為にもっと英会話をしなくては---

少し耳が慣れてきた位だったのでトホホ

 

2009年3月19日

新潟 焼鳥 鳥梅
滝 良太郎

3月18日(水)

本日は節約デーのつもりだったのですが、サムライジャパンも負けたし

 

仕事もいまいちな成績・・・

 

というわけで景気づけに焼鳥を食べに行きました。

 

イタリア軒というホテルの近くにある「鳥梅」というお店です。

 

鶏肉の卸もされているだけあって、新鮮な焼鳥。

 

おいしい焼き鳥屋を見つけるとうれしい気分になります。

 

そうなればビールもうまい。

 

 

つきだしのレバーの煮込みまでおいしくて、人生はじめて

 

つきだしのおかわりをしてしまいました。

 

そして、最後に食べた親子丼は新鮮な鶏肉と卵がたっぷりで

 

おいしかったです。

 

明日も頑張ろうという気分になりました。

 

そして明日は頑張れサムライジャパン!

 

2009年3月18日

新潟 やぶ蕎麦 とりかつ重
滝 良太郎

 

3月17日(火)

現在、新潟の百貨店にて、胡麻の販売中です。

 

仕事の出来、不出来に関係なく、仕事終わりには、おいしい食べ物と

 

おいしいビールはほしくなるものです。

 

本日は仕事が終わってから、私の宿泊している「ホテル金寿」のすぐ近

 

くにある「やぶ蕎麦」というお蕎麦やさんに立ち寄りました。

 

名物なのか、どうかわかりませんが、私はここの「とりかつ重」が大好きです。

 

ご飯に盛られた鶏肉のカツに、だししょうゆがかかっています。

 

鶏肉なので、とんかつよりもあっさりとしています。

 

そして鶏肉がやわらかくておいしい。

 

新潟はいろいろなタイプの飲食店があるので、楽しくなる街です。

 

今週も楽しい一週間になりそうです。

 

 

 

2009年3月15日

最後の鍋を家族で囲む
鈴木 さゆり

3月もなかば、春も目前ですが、震え上がるような寒い日もあればぽかぽかとした暖かい日もある。季節は行きつ戻りつ、少しずつ進んでいる様子ですが、何よりも花粉症の発症に春を感じるのはちょっと悲しいですね。

先日「今シーズン最後の鍋です!」と宣言して、鶏団子鍋を家族で囲みました。
冬といえば鍋料理ですが、夕食時に家族が揃わないとなかなかできないもので、我が家ではこれが今シーズン4回目の鍋ものでした。


最後の鍋は、昆布だしに野菜、豆腐、鶏もも肉にメインは手作り鶏団子。

準備を始めて衝撃の事実が発覚!「生姜がない!」
生姜は絶対に欠かせない最重要アイテムなのに・・・と途方に暮れていると、外出中の夫から電話が

「今スーパーやけどなんかいるもんある?」

「しょ、しょ、しょうが! 紅しょうが違うよ、土しょうが買ってきて~!」

なんて素晴らしい夫婦の絆、さすがは今年銀婚式。
かくして材料は無事揃ったのです。

鶏団子は友人宅でごちそうになったとき、手伝いながら覚えたモノで正確なレシピはありませんが、ポイントは香り。友人が材料を混ぜながら何度も香りを確認していたのを、横でいっしょに覚えたのです。


材料.jpg


鶏ミンチ約300g、刻み青ネギどっさり、卵1個、片栗粉少々、味噌小さじ1ぐらい
しょうゆ、みりん少々、そしておろししようがをたくさん(写真に見えているよりたくさん入っています)すり黒ごまも入れました。





材料をぐちゃぐちゃとひたすら混ぜ、しょうがとねぎの、鼻へ抜けるよなつーんとした香りがするかを確かめて、香りが弱かったらしょうがを加えていきます。

・・・だからしょうがは欠かせないのです・・

以前鶏ミンチが売り切れで、しかたなく肉売り場で売られていた鶏団子を使ったことがあるのですが、残念ながらNG。鶏肉でできた練りものといった味だったので、以来手作りと決めています。


団子に丸めずに、スプーンで煮立った鍋に落とします。
鍋1.jpg

鍋2.jpg














長男手タレデビュー!










今回は「ストレートごまだれ」を中心に「辛いジャン」「ごまらぁ油」「すり黒ごま」でいただきました。

たれ.jpg
「ストレートごまだれ」+「辛いジャン」
「ストレートごまだれ」+「らぁ油」
おいしいですね。

ぽん酢+大根おろし+「辛いジャン」
もいいですね。



夫婦の絆で鍋ものを堪能できた夜でした。
2009年3月14日

NY初上陸PART2
椎村 祐一

part1初日編続編です。少々時間が経ってしまって申し訳ありません。

2日目なんですが昨晩は時差ボケも感じることなく爆睡。

朝から一日ブラブラを決め込んで,外へ出ました。

足といえばsubwayで一日乗車券を購入して簡単に移動出来ます。

昔は危険という話を聞きましたが,日中なのか全然心配御無用で

どんどん利用します。

まずは象徴である,「自由の女神」へ---

しかしツア?は時間が掛かるとの事なので,

ガイドブックに載っていたステタン島行きフェリー往復で正面のみ見る事にしました。

フェリーは無料で片道20分ですので時間に制約のある方にはお勧めです。 

   

   女神.JPG

          

       記念碑.JPG

ステタン島には同時多発テロ追悼メモリアル「ポストカード」があるので

マンハッタンに向かって平和祈願。

又横にはNYヤンキースのマイナー球団のグランドがありますが

当然キャンプ中なので誰もいません。

そしてまた戻ってきて市庁舎・ソーホーなどなど以下の通りです。 

   市庁舎.JPG

 ソーホーは5番街より庶民的な印象で

ブランドshopも多数あり親しみやすい町です。

日本でも展開されている高級スーパー「DEAN&DELUCA」本店。

デリも充実していてサンドイッチget!! (日本より種類も大きさも違うけど)

dean.JPG  

deanデリ.JPG 

オーガニックFOODSHOPがあるとの事で「whole foods market」を見学

ロックフェラー・センターの展望台「トップ・オブ・ザ・ロック」へ 

夕日の時が感動的でした。

 

景色.JPG    

夜のタイムズスクエア周辺も最高。

    タイムズスクエア夜.JPG                                                                                                                

          

 

 

 

 

 

 

 

 そしてホテル周辺を歩いているとミュージカル「オペラ座の怪人」の看板が---

折角なので見ようとチケット購入して今日は2F席で鑑賞。

やっぱり昨日のように1F席があればもっとよかったのに---残念。

次回の楽しみに!とっておきましょう!

 

 

 

 

 

 

2009年3月12日

近い。。。パリへ。。。
徳田 博美

ちょっと、パリへ行ってきました。。。

。。。と、かっこよく言ってみたいですが。。。

                                 090307_1517~0001.jpg

東京・上野にある国立西洋美術館で                    

 ルーヴル美術館展~17世紀ヨーロッパ絵画?へ

お邪魔してきました。

絵心ないこのワタシでも

「あぁぁ~この絵知ってるぅ~っっっ!!!」

だったのですが、キャパオーバーです。。。

もっと、お勉強しておけばよかった。。。

 

帰り道、東京のあるデパ地下によってみると催しで

見覚えのある名前にふと立ち止まりました。       

090307_2017~0001.jpg「あぁぁぁ。。。」

この方は。。。そうそう。。。

わが社の『へんこだれ』に使用している

リンゴさんを自然農法で作っている木村さん。

リンゴさんは今の時期無い、、、けれど、

リンゴさんのジャムを購入♪

 

そして『ラデュレ』で大好きな

マカロンを購入~~~♪

パリづくしだわ。

フフフッッッ。。。

そして、ぶ~ちゃんまっしぐらデス。。。

 

 

 

 

 

 

 

2009年3月10日

木村秋則さんのりんご
今井 貞夫

         

 弊社商品「へんこだれ」(万能たれ)には、木村秋則さんが作ったりんごを使用。

 木村秋則さんといえば、もう多くの方がご存知ではないでしょうか。

 農薬、有機肥料を一切使わず、りんごの栽培を実現された方である。

 ※詳しくは、インターネットや書籍「奇跡のりんご」をご覧になってみてください。

          090309_1933~0001.jpg

 弊社商品「へんこたれ」には、絶対に欠かせない木村さんのりんご。

 旨味、甘味、酸味のバランスが良く、私は初めて食べた時には、あまりの美味しさに感動しました。これがほんまもんのりんご!!

 そんなりんごを使って作っている「へんこたれ」はイチオシ!!

 野菜炒め、鶏肉・豚肉のソテー、焼肉のタレ、何にでも使える万能タレとして使ってみて下さい。

 

 ちなみに「へんこたれ」を使っての私のおすすめ料理のひとつを紹介。

         シンプル麻婆豆腐 お子様にもどうぞ。

 

          シンプル麻婆豆腐.JPG

材料
豚ひき肉 300g
木綿豆腐 1丁
にんにく 少々
へんこたれ 大さじ 3杯
しょうゆ 大さじ 1杯
大さじ 1杯
中華スープ 150cc
塩、こしょう 各少々
へんこごま油 小さじ1
長ねぎ 1/2本
水溶きかたくり粉 (かたくり粉・・・大さじ2、水大さじ2)
作り方
1、豆腐は軽く水気を切り、さいの目に切る。にんにく、長ねぎみじん切りにする。
水とかたくり粉を作る。
2、フライパンを中火で加熱し、ひき肉を広げて入れ、フタをして、肉の色が変わる
まで12分加熱する。
3、にんにく、へんこだれを加えて炒め、豆腐を加える。フタをして、弱火で約3分
加熱
4、フタを取り、中火で汁気を煮つめる。水溶きかたくり粉を加えてとろみをつけ、
へんこごま油と長ねぎを加えて完成。
※お子さんでも安心して食べられると思います。そんなに辛くないですから。

大人の方で、辛みがほしい場合は、弊社のラー油を加えれば美味しいですよ。

 

  
 

 

 

 

 
2009年3月 9日

手作り餃子にチャレンジ
今井 貞夫

餃子はおいしいですよね~。わたしはとっても好きです。

ということで、手作り餃子にチャレンジしてみました。

インターネットで餃子の作り方を検索。さっそく材料の買出しに近所のスーパーへ。

●材料

・キャベツ ・ニラ1本 ・豚肉のミンチ200g ・生姜 適量 ・ごま油(弊社商品) ・小麦粉 ・餃子の皮 ・塩 ・へんこタレ(弊社商品)

●調理開始 

1、お湯を沸騰させて、キャベツを一瞬湯通しして上げる※水が出やすいように

2、フードプロセッサーにキャベツを入れ、少量の塩をいれ、水が出やすいようにする

3、手で水分がなくなるまでしっかり搾る

4、豚肉のミンチと、すり下ろした生姜と刻んだニラ、へんこタレを大さじ1杯程度入れて、こね回す

5、3のキャベツと4の肉とを混ぜる

  DSCF6001.JPG DSCF6002.JPG  

  6、餃子の皮で5を包む※皮どうしがくっつかないように小麦粉をまぶしておく 

DSCF6004.JPG DSCF6014.JPG

今回、キャベツの分量を間違えてたくさん入れてしまったことで、ベジタブル餃子?のような仕上がりになってしまい、期待していた味に仕上がらず残念。でも弊社へんこタレをさらに付けタレにして頂きました。

子供といっしょに料理することができて、大人・子供ともにとってもいい体験ができました。

 

 

2009年3月 9日

ソウル研修の旅 その2
寺阪 亮

  みなさんお待たせしました!ソウル研修の旅その2です。

二日目は、早朝より工場視察に向かいました。朝が早かった為かお昼が近づくにつれてぐぅ~ぐぅ~お腹が・・・☆  もちろん仕事はしっかり行いましたよ。

さぁ楽しみにしていた昼食です。視察先の近くにある食堂行くことに!!!

          IMG_0197.JPG    IMG_0195.JPG   

         IMG_0193.JPGのサムネール画像   IMG_0194.JPG   

      

オススメの豚肉のお鍋を注文しました。ものすごく辛さそうな色していますね!でも野菜がたくさん入っていて意外と甘いんです。辛い食べ物があまり得意でない私でも完食できました  

 

 

 

 IMG_0202.JPG   IMG_0201.JPG    IMG_0216.JPG

午後より市場の視察です。市場内を歩くだけで私たちが見たことのない機械や工夫がたくさん見えました。韓国は、面白い発見がいっぱいです。

 

   

 

   IMG_0231.JPG IMG_0229.JPG IMG_0232.JPGのサムネール画像                                               

 

韓国最後の夜は、この研修でお世話になった方と食事会を行いました。皆さん本当に日本語が上手でびっくりしました。韓国語や日本語、英語が飛び交う今まで経験のしたことのない食事会でした。

強行スケジュールの韓国研修でしたがよい刺激を受けることのできた旅でした。新しい発見もたくさんありましたので日本に帰り私の仕事の中に取り入れていこうと思います。

  

                    IMG_0236.JPG   

                最後はやはり田舎ピースで締めくくりました!       

       

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年3月 1日

家族一同で初節句の祝い
仲井 和幸

昨日28日(土)に胡麻のおじいちゃん・おばあちゃん(私の両親)と宇治のおじいちゃん・おばあちゃん(嫁の両親)を招いて、私の家で娘の初節句の祝いをしました。

今回は嫁が「ちらし寿司」と「お吸い物」担当をし、私はお酒のあてになる《牛すじ煮込み》担当しました。ちなみに、胡麻の両親は、スウィーツ担当(ケーキやひな祭りお菓子セット)、オードブル担当。宇治の両親は、ひな人形担当、飲み物担当(お酒やジュースなど)でした。

ちらし寿司.jpg

はまぐりの吸い物.jpg  牛すじ煮込み.jpg           ひな人形.jpg                ひな祭りお菓子セット.jpg                                             

昼から始めた祝いの会。娘の乾杯のご発声「あ~!」からはじまり、私の手作りの牛すじをみんなでつまみお酒を飲み、私も飲めないなりに少しばかりビール・焼酎・ワインを1杯ずつ頂きました。胡麻のおじいちゃん・宇治のおじいちゃんは特に孫の琴音にメロメロ!いいところを見せようとお酒のペースも上がり、すぐにできあがちゃっていました。胡麻のおじいちゃんは3時には寝てしまい、宇治のおじいちゃんは「田舎の作法というものを娘に教え込んでほしいですわ~」からトークショーが始まり、独壇場!被害を被ったのは胡麻のおばあちゃんだったそうです(笑)私はというと、胡麻のおじいちゃん同様寝てしまいました。弱いですね~。最後には私たちがパソコンで編集した「娘の誕生から今までの軌跡」のビデオ上映会し、夜7時過ぎにお開きしました。家族みんなでワイワイといろいろな話をして楽しみ、娘の琴音も「キャー、キャー」と笑顔で喜んでいる姿を見ていると、娘の成長もしかり家族のありがたみも一層感じた一日でした。

おじいちゃん・おばあちゃんへ、

ありがとう。これからも色々と世話かけるますが、今後ともよろしく。」

娘へ、

元気に素直にすくすく育ってね。たくさんのありがとうを一緒に返していこうね!」

 嫁へ、

「いつも御苦労さま。これからも笑顔の絶えない家庭を築いていこうな!」

※私的なメッセージすみません。私自身に言い聞かせる意味を込めてのメッセージ。お許しを!