space
商品カテゴリ
新着情報

Loading
全国催事のご案内
取扱店一覧
安心安全をお届けするために
へんこを貫くごま職人
へんこ社長の胡麻便り
胡麻でごま栽培
スタッフの雑記帳
イタリアンレストラン:ピッコロモンド・ヤマダ
メディア掲載歴
リンク
box
end
お支払い方法
発送について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
お客様QアンドA
山田製油桂店
〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後7時
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時
スタッフの雑記帳


2009年10月21日

帰ってきた散髪屋さん!
寺阪 亮

胡麻には、胡麻駅前商店街がありその中に、

勝田理髪店があります。

今回はその散髪屋さんのお話です。 ではまず写真を~

IMG_0442.JPG

勝田理髪店若大将です。今年から胡麻に帰ってこられました。その噂を聞きつけ私も早速カットに出かけました。 約10年ぶりの訪問で少し緊張しました。 若大将は、兄の親友でもありますので昔からよく知っています。
IMG_0441.JPG
お店は綺麗に改装されていて昔私が通っていたときとは少し変わっていましたが店内の匂いは昔のままでとても懐かしい感じでした。
IMG_0443.JPG

カット中は終始楽しい話で盛り上がりました。"亮老けたな?から始まり 途中 亮髪の毛薄くなったな?などなどたくさんのよいアドバイスを頂きました。 ゴルフもさせるそうで近々一緒にラウンドの約束もしました。 皆さん是非是非胡麻にこられたときは勝田理髪店に! 山田製油のHP見ましたよと若大将に伝えると何かいいことあるかも・・・
私はティシュ2つもらいました!!

2009年10月19日

おもしろ畑仕事!?遊び・・・
今井 貞夫

 わたしが小学生の頃から、実家の町内の方々と、桂川の河川敷の畑を借りて、趣味でナスやネギ、玉ねぎ、キュウリ、芋、ミニトマトなどを栽培している、わたしの父と母。

約20数年前から続き、今でも畑を町内の方々と続けている。

 そんな畑をわたしも小さい頃はよく手伝っていたのを憶えています。(邪魔していたのかもしれませんが・・・)

 そこで今回は、わたしの長女(4歳)と、兄の長男(5歳)を出動させ、いざサツマイモ掘りにレッツゴー。

 場所は、実家から自転車で約10分、わたしの家からも約10分の場所にあり、ほんとに近くに位置している。

      桂川 畑

             ↑ まわりの景色はこんな感じ

       この日は、天気も快晴で、とっても気持ちが良い?

      サツマイモ掘り

  それでは、子供たちの初めてのサツマイモ掘りが開始?(奥にいるのが、わたしの父)

 でっかいサツマイモが土の中からワッサワッサと出てくるわ出てくるわで、子供も楽しくてたまらない様子。

 そんな中、サツマイモが何かに食われている?

 どうやら「もぐら!!」の仕業らしい。    

     もぐら探し 

 そんなことで、今度はもぐら探しに子供たちは夢中。(純粋すぎる、おバ・・です)

 早々と疲れたお二人さんは、ジュースとおやつで休憩。超ご機嫌さんのお二人!!

そして、サツマイモ掘りを再開。

     サツマイモ掘り2

   たくさんのサツマイモが収穫でき、大満足!!お疲れさん

 また、これからもヨロシク。畑仕事。

 子供たちに、いろんな体験、経験、そして継続することの大切さをこれからも少しずつ教えてやれればいいかなと思う。

 そして、なによりも父、母が喜んでいる姿を見続けたいと思う。

 また次の収穫まで。来年は胡麻を栽培します。

 ご期待下さい。

 

  

 

      

 

 

2009年10月19日

地元のお祭り
今井 貞夫

10月18日(日) 地元の神社のお祭り

  「御霊神社」のお祭り!!

去年から家族で参加して今年で2回目、といっても子供部門での参加ですけどね・・

       御霊神社 お祭り

神社には各町内ごとに御輿があり、それを神社から運び出して、各町内ごとに町内のまわりを歩き回り、休憩(ジュース飲んで)して、また回り、休憩(飴なめて)して、そして神社に戻るといった流れで約2時間の子供祭りでした。

激しい祭りではないが、親、子供を含めての行列での歩行、「わっしょい、わっしょい」と子供たちは、とっても楽しい時間が過ごせた模様。おわった後の、ジュースや菓子パン、お菓子が一番の喜びではあるようでしたが・・・

      御霊神社 お祭り2 

七五三のお二人は、休憩中にもかかわらず、立派な衣装を着ているため、まわりの子供たちのように遊びまわることはできず、少し可哀想な一面もありましたが、いい思い出になるのでしょうね。

組員さん、お手伝いさんは事前の準備から、当日の段取り、準備、そして後片付けまで大変でしたでしょうし、とっても感謝いたします。

来年は、わたしたちはお手伝いすることが決まっているので、皆さんに喜んで頂けるよう取り組んでいきます。

また来年をお楽しみに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年10月15日

御香宮のお祭り
仲井 和幸

先日、仕事終わりに久しぶりに嫁と待ち合わせをして、近鉄桃山御陵前駅近くの「御香宮」の祭りに行ってきました。たくさんの夜店に、最終日ともあってたくさんの人で賑わっていました。

屋台.jpg

嫁が小さいときによく来た祭りだそうで、昔からよく食べた定番のたこやきをはじめ、その他ホルモン焼き、すじ焼き、いか焼き、お好み焼き、ベビーコロッケを食べ、気が付くと1時間以上食べ歩いていました。昔懐かしの水アメ、いまどきのアイスチョコバナナ、ちょっと変わったとこでハムエッグたい焼きもありました。

チョコバナナ.jpg      水あめ.jpgたいやき.jpg                                                                           その他この神社は、安産の神様ということで、親しくしている友人が来年に子供が生まれるのでお守りももらってきました。

御香宮祭り別名「花傘まつり」ともいい、地域のグループで花傘の武者行列をされていました。大変活気があって圧倒され、見とれていました。

花傘.jpg 

楽しかった祭りの帰り際ふと肌寒く感じた時、夏の終わりを一層感じました・・・

でも、秋は食欲の秋ヽ(^。^)ノ

2009年10月 8日

実りの秋です。
中井 亮

  食欲の秋。実りの秋。

随分と朝晩が寒くなってきていますね。

私の実家のある美山ではもう毛布を出して寝ています。

先日久しぶりに実家へ帰ったのですが、ふと「マツタケのシーズンやね。」

という会話から「そろそろ出てるかもしれんな。」

という会話になり突如親父と息子と3人で山へ出掛けました。

山中.jpg

山登り.jpg

山へ出掛けると言いましたが、登山道のような立派なものはありません。

鹿が歩いてできたようなケモノ道を親父の勘だけを頼りに山を登りました。

息子もマツタケ山に登るのは初めて。

登り始めて20分もすると・・・・

じいちゃんにおんぶ.jpg

親父の背中に乗っていました。

「ソウイチロウ大きなったなぁ。」

と親父の声も少し苦しそう。。。

(昔はあの親父の背中に俺が乗ってたんやなぁ。)とニンマリしながらその後ろ姿を眺めていました。

歩くこと30分。

ありましたぁ!!!

KING OF きのこ「マツタケ

発見.jpg

久々に山で見たマツタケ。興奮しました。

無事収穫.jpg

しかし興奮してGETした直後、足を滑らせて親父と息子は数メートル滑り落ちていました。

その直前を捉えた顔です。

結局この日は2個のマツタケをゲットしたのでした。

そしてその日。

山を降りて栗拾いもしました。自然の恵みに感謝、感謝。

大きな栗の木の下で♪

大粒の栗を拾い集めました。

栗.jpg

それから、それから美山からの秋の味覚はまだ続きます。

みなさん、下の写真。これ何か分かります?

見るとかなりインパクトの強い映像ですが「アケビ」と言います。

山の中に握り拳位の実がなっていて、中からこのような白い物体が出てきます。

見た目はすごいですが、この白い物体には何とも言えない甘みがあります。

黒い種が多く、食べるのに一苦労ですが自然の甘味たっぷりです。

先日、京都の台所「錦市場」へ出掛けた時1個200円で販売されていました。

あけび.jpg

そんなこんなで美山から秋たっぷりの報告でした。

田舎は不便な面も多いと思われていると思いますが、都会では体験できない貴重な体験もできます。本当にいいところですよ。

3世代揃って出掛けた幸せなひとときでした。。

でも、結局家に帰ってマツタケを割くと2つとも虫に食われており中から細かな虫が出てきて、アケビはアケビで見た目が気持ち悪いと奥様連中からは不評でした。

で、結局取ってきた我々3人で満足気に美味しく頂くことになりました。

 

 

2009年10月 8日

台風は直撃せず。シュー餃子を食べ、再び温泉へ。(霧島温泉その2)
滝 良太郎

10月8日(水)

前田温泉から上がり、お腹が減ったので、霧島では有名

 

な「シュー餃子」というお店へ。

 

場所は「霧島神宮駅」から霧島ロイヤルホテルに至るまでの

 

行程の間にありました。

 

まず想像していたよりも、高い位置にあることに驚きます。

 

次に、店内に入ると、けっこうメルヘンチックで、猫キャラづくしの

 

内装に少し驚きます。

 

高台にあるので、晴れていればきれいな景色が広がって

 

見えるのでしょうが、今回は雨で景色は見えず、残念です・・・

 

私は定食の餃子7個セットを注文。

 

雨の日だからということで、餃子をもう一つサービスしていた

 

だけました。

 

というわけで、雨の日に行くのもおすすめです。

 

餃子は地元産の黒豚、ねぎ、にら、しょうが、にんにくを使用し

 

「地産地消」と、「体に良いものを」という気持ちで作られています。

 

餃子は8個でも足りないくらい、おいしくいただきました。

 

そして、地元産野菜タップリのワンタンスープもおいしいです。

 

プラス300円でトッピングできる黒豚のフレークがまた絶品でした。

 

お取り寄せができるみたいなので、また餃子と一緒に注文しようと

 

思っています。(今は、瓶持参で量り売りをされていて、近日中

 

に瓶詰めされた商品を、お店でも販売する予定だそうです。)

 

お店は、ご夫婦二人だけで営んでいて、そのお二人の

 

感じのよさが、とても印象に残るお店でした。

 

霧島温泉へ行かれた際は、ぜひ行ってみてください。

 

猫好きの方にもおすすめです。

 

その時は、「シュー餃子」の"シュー"の意味も聞いてみてくださいね。

 

次に、シュー餃子のご夫婦がおすすめの「新湯温泉」へ。

 

シュー餃子さんから車で約25分。

 

高千穂河原に向かう方面へ、林の中をずっと進んでいくと到着

 

しました。

新湯温泉.JPG

湧き出る温泉の色は白く、木とトタン屋根で作った小屋の中で

 

入る温泉はまさに、秘湯といった感じです。

 

露天風呂もありましたが、さすがに雨のせいで冷たくなっていて

 

長くは入れませんでした。

 

でも雨じゃなければ最高の露天風呂です。

 

(ちなみに露天風呂は混浴でした)

 

入湯料は500円。

 

車で温泉巡りをされる際は、ぜひ、行ってみてください。

 

隣接する旅館で宿泊もできますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年10月 8日

台風上陸と霧島温泉
滝 良太郎

10月8日(水)

台風18号が近づいてましたが、テレビが騒いでいるほどの雨と風

 

ではなかったので、勇気を出して霧島温泉へ行くことにしました。

 

本当の理由は、事前に予約したレンタカーのキャンセル代を

 

払いたくなかったからなんですけど・・・・

 

というわけで、電車で「霧島神宮駅」へ行き、そこから

 

レンタカーに乗り込みさっそく霧島温泉郷へ。

 

↑今回、大活躍の黒のニッサン(軽)

 

しかし、有名な露天風呂はどこも台風の影響で閉鎖中。

 

まぁ、当然ですけど。

 

露天風呂がダメなら、どこでもいいやという、投げやりな気分で

 

「前田温泉」という立ち寄り湯へ。

 

でも、そこが、けっこう正解でした。

 

↑前田温泉(立ち寄り湯)

 

朝早かったからか、台風の影響かわかりませんが、男風呂は

 

誰もいない貸切状態。

 

さすがに硫黄の香りがすごい、本物の温泉です。

 

それに露天風呂もあり。

 

実は私、雨の露天風呂も好きなんです。

 

雨で少しぬるくなった温泉がちょうど私には合います。

 

でも、お湯から上がると寒いので、気合なしでは上が

 

れないのですが・・・

 

そんなこんなで、ゆっくりと温泉を楽しむことが

 

できました。

 

いろいろ温泉も行ってますが、霧島の温泉はその中でも

 

ピカイチでした。

 

入湯代は、たしか350円ほどで安く、大いに価値ありです。

 

場所は霧島温泉丸尾交差点近くです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

2009年10月 6日

鹿児島 炭焼き地鶏 「大安」
滝 良太郎

10月5日(月)

鹿児島山形屋での京都展も無事に終了し、今回はじめて

 

鹿児島の町をゆっくりぶらぶらしました。

 

どこで晩御飯を食べようかと物色中、一件サラリーマンが

 

どんどん入っていくお店を発見。

 

店内の雰囲気と「赤鶏」という字が目に入り、いい店と確信し

 

ふらっと店内へ。

 

名物は「赤鶏のモモ炭火焼き」「赤鶏の刺身」「赤鶏のサラダ」

 

周りのお客を見ると、ほぼ決まって「赤鶏のもも炭火焼き」を

 

注文していて、やっぱり名物料理のようです。

 

普通サイズは大皿にドカンと入っていてかなりのボリューム。

 

また、525円と安い。

 

このお店がサラリーマンに人気なのも納得です。

 

私は一人でも「赤鶏のモモ炭火焼き」と「赤鶏刺身」の2点を食べられる

 

お一人さま用「ハーフセット」(600円)を注文。

 

その二つとも、店の人気の理由がわかる旨さ。

 

ビールもうまいです。

 

 

↑赤鳥もも炭火焼(ハーフサイズ)      ↑赤鶏の刺身(ハーフサイズ)

 焼き鳥(大安).JPG

↑冷やっこ                     ↑焼き鳥一本88円

 

 店に集まるサラリーマンは、みな笑顔で、なんとも

 

心地いい雰囲気を作り上げている、いいお店です。

 

今回は満腹で頼めませんでしたが「赤鶏のサラダ」も旨そうでした。

 

焼き鳥に冷やっこ、ビールに焼酎と、いろいろ食べて

 

飲んだのに、値段は、えっ!と思うほど、安かったです。

 

来年はぜったいに週に2回は行きたいお店。

 

またいい店が見つかりました。

 

場所はホテルブルーウェーブイン鹿児島の近くで、

 

カドにあるお店です。(いつもながら、案内が不親切

 

で、すいません・・・)

 

ぜひ鹿児島へ、ご旅行、ご出張の際には探してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年10月 5日

東京・府中の様子
菊岡 信義

はじめて東京・府中市に出張に来ています。

馬券ファンではありませんが、競馬場の名前で有名ですよね。

久しぶりに晴れた昼下がり、街を散歩してみました・・・

魂大国神社.jpg  

なんでも1900年前にはあったという魂大国神社。並木そびえる参道は

凛とした雰囲気ながらも、市民に愛される散歩道といった佇まいです。

木々.jpg

季節はずれの蝉の声が2・3匹聞こえていました。

 

本殿.jpg 松尾社.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左は本殿前。右は京都の松尾大社(山田製油からも近いです)の分社だそうです。

いずみ屋.jpg

神社を抜けて、行列のできるラーメン屋さんへ。魚だし系のしっかりスープが人気のようです。

残念ながらラーメンの写真は撮れませんでした。 が、出てきたと同時に一気に完食まで

まっしぐらの美味しさ。行列もうなずけます。 お店のヒントは、魂大国神社北側と

白い布のれんが目印です。

 

ランドルフ.jpg

 

ある夜、地元府中駅周辺の大衆居酒屋へ行ったときの事

カウンター席の横でえぼ鯛の塩焼と格闘中の右側の青年に遭遇!?

箸の使い方があまりにも頼りないので、思わず助け舟。

それにしても、なぜ えぼ鯛の塩焼きなの?

話を聞けば、日本に来てまだ4日目との事・・・。納得です・・・。

 

彼の名前はランドルフ君、24歳。近所の東京農業工業大学?の留学生で、

出身はチェコ共和国。数学とコンピューターを専攻。

体も大きいのに焼き魚だけでは腹もふくれるまいと

居酒屋メニューを説明してあげ、無難な世界共通アイテムの

フライドポテトとからフライドチキン、そして日本の食文化のお勉強で冷奴を御馳走。

代わりに、チェコの名物料理グルワッシュ?(どうも煮込みのようです。)の作り方を

教えてもらいました。何でも肉とたまねぎで作るのだとか。

ビールは水よりも安いとえらく威張ってはります。(ちなみにアメリカのバドワイザーの発祥は

チェコです)

 

彼のこれからの日本での健闘を祈念して乾杯!

ひさしぶりに、若人の清々しいチャレンジ精神に触れ

アラフォーおじさんもごきげんな夜でした。

がんばれ、ランドルフ!

府中市民のみなさま、彼が困っていたら暖かい手を差し伸べてやってください。

好青年で日本のことが大好きなようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年10月 4日

鹿児島 定食屋 「凛々々(りんりんりん)」
滝 良太郎

10月2日(金)

お昼に落ち着いて、うまい定食が食べたくなり、百貨店近く

 

の「凛々々(りんりんりん)」という定食屋へ。

 

いろいろな定食がある中、「からあげ定食」を注文。

 

味、見た目にも文句無しで、うまいです。

↑おろしからあげ定食880円

 

↑から揚げのボリュームも味も最高です。

 

他にも旨そうなメニューが多い。

 

中には「よかおごじょ定食」なる定食もあり、たくさんの

 

おかずを少しずつ食べられる内容の、女性にはうれし

 

いメニュー。

 

店内もきれいで、カフェっぽい女性でも入りやすい雰囲気。

 

実際に翌日の晩にも食べに行ったら、男性は私だけ。

 

夜は居酒屋かなと思ったら、エブリタイム定食屋。

 

夜にこんなに落ち着いた定食屋があるのは

 

かなりうれしいことです。

 

場所は山形屋百貨店近くのロッテリア前。

 

↑翌日の晩は「さんまの塩焼き定食」920円