space
商品カテゴリ
新着情報

Loading
全国催事のご案内
取扱店一覧
安心安全をお届けするために
へんこを貫くごま職人
へんこ社長の胡麻便り
胡麻でごま栽培
スタッフの雑記帳
イタリアンレストラン:ピッコロモンド・ヤマダ
メディア掲載歴
リンク
box
end
お支払い方法
発送について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
お客様QアンドA
山田製油桂店
〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後7時
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時
スタッフの雑記帳


2010年11月29日

宇治「しゅばく」意外に早く再開、十割そば
滝 良太郎

2010年11月11日

このあいだ訪問した宇治のそば屋「しゅばく」さん

前回は、国産の蕎麦が安定して入らないという状況

の中、手打ちうどんをメインでやっていくことを決意され

その心意気に心を打たれたことを報告しました。

そしてこの日も、お蕎麦はないけど、またうまい

手打ちうどんを食べようと思い、「しゅばく」へ再訪。

すると、国産のそばが手に入るようになったため、

蕎麦を再開しているとのこと。

そば再開告知.JPG

思いのほか早く蕎麦を再開できたのはうれしいけど、

私の気持ちは、すっかりうどんを食べる気になっていたので

ちょい微妙な気分でお蕎麦(おろし蕎麦)を注文。

十割蕎麦といえば、ざらざらの食感で、粉を食べているような

食感のものであると思っていた私でしたが、「しゅばく」さんの

十割蕎麦を口に入れた途端、その認識が間違っていたことが

わかりました。

しゅばく蕎麦.JPG

「しゅばく」さんの蕎麦は、すごく滑らかで、つるつると食べら

れる、のどごしのよい蕎麦でした。

オーバーな感想でなく、いままで食べた蕎麦の中で間違いなく

ナンバー1。

早く蕎麦を再開されて、心から良かったと思えました。

でも、「しゅばく」の手打ちうどんもまた食べてみたいし。

悩ましいです・・・

平等院.jpg.JPG

せっかく宇治まで来たので、平等院へも行ってきました。

10円玉に描かれた当時とは少し、改修して形が変わって

いるらしいけど・・・

10円玉と見比べましたが、私にはわかりませんでした。



2010年11月29日

八戸「陸奥湊朝市」、居酒屋「喜代志」そして、スカイツリーに感動
滝 良太郎

11月前半の八戸の話をします。

最近、社内ではタイムリーにブログが上がっているなか

私などは記憶があいまいな状態で、思い出しながら文字を打つ

そんなやり方は、ちょっとブロガーとしては失格なのかも・・・

八戸出張は、自分ではかなり前に行ったような気がしていましたが

改めてまだ半月前のことだったのかと気づき、まだ意外に新鮮な

話題なんじゃないのとか安心したりしています。

その辺りが、ブロガー失格なんでしょうね。

さて、今年の八戸。

毎晩、よく飲みました。

仕事→酒→睡眠→仕事→酒→睡眠・・・・という繰り返し。

そんな忙しい9日間で、今年印象に残っている一日は

まず「陸奥湊朝市」へ行った日のこと。

朝市1.JPG朝市2.JPG

朝6時起き、バスに乗って朝市へ

今まで見た朝市の中でも一番活気のある、観光客や地元客がいっぱい

のにぎやかな朝市で、ぶらぶらしているだけで楽しい気分に

なります。

朝市へ集まる人々.JPG朝市車売り場.JPG

新鮮な魚や野菜はもちろん、喫茶やインドカレー、ロシア

料理、ピザ、工具、熊の置物、タイヤに中古車まで幅広い、

いや、「幅広すぎ」の品揃え。

約2時間ゆっくり見て歩いて、食べて、大満足の朝市でした。

休みなら、缶ビールでも飲みながら、ぶらぶらしたい気分でした。


その翌日、さくら野百貨店での販売最終日。

喜代志外観.JPG喜代志前にて.JPG
                    ↑仕事から解放された顔

八戸最後の夜を満喫するため、陸奥湊にある

「喜代志」という居酒屋へ行きました。

隣の座敷で、漁師どうしが言い争いをしているのが聞こえる

漁師町ならではの、雰囲気良き居酒屋です。

八戸バクダン大.JPG八戸バクダン.JPG

いろいろあるメニューの中で、「八戸ばくだん」というメニュー

が、八戸の海の幸を豪快に使ったどんぶりで印象的。

そして、名前が印象的。

それ以外はお酒の飲み過ぎで写真を取るのも忘れ、失念しました。

この日は販売最終日の開放感で思わず、ビールを飲む

スピードもハイペースに・・・

「喜代志」さんのメニューは来年、しっかりリポートします。

この日は、一緒に行ったメンバーの中の、留学経験のある

微妙に英語(長嶋茂雄風)を使うサーファー女子がおもしろく午前3

時まで楽しく飲み続けることができました。

八戸イカ.JPG
↑午前3時

さて、その翌日。

当然、寝不足、二日酔いのまま八戸を出発し京都へ。

私は京都へ帰る途中、新宿高島屋と、日本橋三越で販売中の当社

販売員を激励する意味で東京で途中下車。

(もちろん仕事をきっちり済ませてから)せっかく東京へ来たから

旬のやつを見ようということで、建設中の「東京スカイツリー」

を見に行きました。

駅を出ても、スカイツリーは見えず、警備員の人に道を聞いて

しばらく歩くと、今までビルの死角に入っていて見えなかった

スカイツリーがいきなり現れました。

スカイツリー.JPG

かなり大きなツリーになってますよ。

でもまだ大きくなるんですって。

日本の技術ってすごいですね。

スカイツリー吉浦JPG.JPG
↑同行の包丁職人Yくんと記念撮影。

嬉しくなって写真を撮りまくって、携帯のバッテリーが消失。

また夕暮れ時のスカイツリーがキレイなんですよね。

東京に寄って良かったと思った瞬間です。











2010年11月21日

嬉しい。。。。。
中井 亮

今日は朝からとてもハッピーでした。

我々が催事で地方に出掛けると、毎日本社から出来たての商品が会場に送られてくるのですが、

その荷物にプレゼント(のど飴)が入っていました。

飴.jpg

もちろん会場内にはお世話になっている他メーカーの先輩方はおられるのですが、催事で地方に出掛けて1週間京都を離れるとやはり少し寂しいもんです。

そんな時に自分の家族の様なスタッフからちょっとしたプレゼントが入っているのです。

大袈裟かもしれませんが「あぁ、俺って1人じゃないんだぁ。」って少しウルウルきます。

荷物に「寒いやろうけど風邪ひくな!!」とか「あと3日。頑張れ!!」とか。

ちょっとしたコメントが入っていたり。。。。

どうです。うちのスタッフ素敵でしょ。

自慢話のようになりましたが正直私の自慢でした。

「よっしゃー!今日も頑張るでぇ!!」って気合が入ります。

 

さてさて、酒田の名店紹介。

昨日の「富重」さんに引き続き、今日は「すしまる」さんでお寿司を頂きました。

忙しい中毎年会場にも来て下さり当社の胡麻油を使って頂いております。

つるべ風.jpg

とても優しい気さくな大将です。

その昔は名門「東芝」で野球をやっていらっしゃったのだとか。

「私ねぇ。男前ってよく言われるんだけど鶴瓶さんにも似てるんだよ。」

とすぐさま眼鏡を装着。

すしまる大将.jpg

紹介が終わると、またすぐ眼鏡を外して寿司を握られるというとてもユニークな大将です。

刺身.jpg

新鮮なお刺身から一品料理まで。

写真が少なく申し訳ないのですが、大将の色々な人生経験やお寿司をお腹いっぱい頂きました。

「すしまる」さん御馳走様でした。本当に美味しかったです。

 

色んな形で人は幸せになります。

自分が嬉しかったこと。感動したこと。

自分が幸せを感じた分、感謝をしながら誰かに幸せを感じさせてあげられるような人間になりたいものです。

 

2010年11月20日

大野ダム もみじ祭り
大槻 健一

今日は秋晴れのいい天気で息子と二人で美山町にある大野ダムのもみじ祭りに行ってきました。

大野ダム公園には500本ものもみじがあり今が見ごろです。

もみじ祭りは11月20日(土)、21日(日)と開催されています。

 

 

もみじ.JPG

紅葉

公園.JPG

登ったぞ~

 

わたがし.JPGのサムネール画像

超巨大なわたがしを食べる息子

顔と手がべたべたになりながらも完食。

 

大野ダム公園で遊んだり、散策したり、もみじの落ち葉を拾ったりと自然にふれあい息子も私も楽しいひと時となりました。  

 

2010年11月20日

おっちゃんの秋の催事巡業
菊岡 信義

おっちゃんになったせいか、催事の販売出張が最近ぐーんと少なくなった菊岡です。

そんな私にも秋の催事シーズンには催事出張が回ってきまして

九州・大分へと出かけて参りました。

 

出張の楽しみは食事です。 仕事がメインですので出張先の百貨店様の周辺という限られた

エリアではありますが、ご当地名物などをご紹介させていただきます。

 

 

 

大分は初めての出張です。有名どころを押さえながらも、意外な展開もありました・・・

                                                          

 まずは、ブームの大分とり天。こちらは最近地元で有名ということでお邪魔しました。

toritenn kannbann.jpgtoritenn.jpg                                                                                                             

鶏から揚げのようで、そうでなく、、、、。ジューシーでおいしいです。衣に秘密あり?

県民食なんだそうです。 確かにお客さんのひっきりなし。老若男女とはまさしくこのことか!と

実感親しました。アッパレ!!

 

 

鶏つながりですが、実はわたくし宮崎地鶏炭火焼きが好物なのですが、

今回は大分ということで諦めていましたが、

不思議と大分市内には宮崎地鶏焼きの看板が目立ちます。

こうなれば行かない訳にはいかず、とある一件に。。

 

                                           

manntoku kannbann.jpg

 

しっかり宮崎名物の文字も浮かんでいます。

偶然ですが、大阪北新地でお気に入りの宮崎地鶏の店もまんとく なんです。

                                tataki.jpg絶品のたたきです。芋焼酎がグビッ!グビッ!進みます。七味をパラッとな。

 

途中、メガ明太子 を つまみながら

                                                                           yakitori.jpg       主役の炭火焼きの登場!! もも肉の骨も付いてます。

      大分に居ながら、宮崎名物も堪能できました。  

      一人めし充実の一夜。完食!大酒飲みました。

     (*結局一週間で3回も行きました )

 

 

全国区での大分名物といえば関サバ、関アジもありますね。

 

 

地元の方に評判のお店で頂きました。

(なんだ、かんだと色んなとこで、これまた3回は食べましたが・・) 

店名は竹善 さん。小料理屋さんといった佇まいです。

刺身001.jpg                           nituke.jpg 新鮮な魚をはじめ季節の地元の野菜を焼くなり、炊くなり

お薦めを伺いながら箸は進みます。。

お酒は地元の日本酒が合いました。

ginnnann.jpg

京都人にも合う、美味しい出汁と新鮮な魚が売り物のこちらの締めは

隠れ名物、テールカレーにしました。 コラーゲンのぷるぷる感漂う、本格カレー。

不思議と締まるんですよねぇ、これが。

kare-.jpg  ★あっと言う間の大分出張。 おかげさまで大分のお得意様にはたくさんのお買い上げをいただきまして有難うございました。 感謝、感謝でございます。

また、今回当社商品をご購入頂きました 新しいお客様にも重ね重ね御礼申し上げます。

                                                                    

2010年11月19日

やっぱり来てよかった酒田
中井 亮

寒い冬が近づくと毎年恒例の山形県酒田市での催事。

今年もやってきました。

私は今、酒田市の中合清水屋さんで開催中の京都展に出展しています。

一年ぶりに逢う山形のお客様。

3年目にもなると顔見知りのお客様も増えてきたこともあり、売り場はもちろん毎日楽しい日々を送っています。

もちろん仕事が終わってからの食事も楽しみの1つ。

今日は酒田に来ると毎年お伺いする「富重」さんに行って来ました。

「あら、胡麻屋さん」

と素敵な笑顔で女将さんが迎えて下さいました。

後輩.jpg

今回のお供は【雲龍】で有名な俵屋吉富の河原林クン。

実は彼私の高校時代の後輩なんです。

何も言わずとも、カメラを向けるとお決まりの「田舎ピース」をしてくれる可愛い後輩です。

いつものことながら見た目から幸せにしてくれる「富重」さんのお料理。

旬のお魚を刺身、鍋もの、揚げもの、数々のお料理で私の心とお腹を満たして下さいます。

前菜.jpg

刺身.jpg

夕方に水揚げされた甘エビも甘みたっぷり。

らフランスグラタン.jpg

山形名産のらフランスを使ったグラタン。

ハタハタ鍋.jpg

ハタハタに、、、、

ワタリガニ.jpg

ワタリガニ、、、

さわら西京焼き.jpg

豆ごはん.jpg

写真を何点か取り忘れたのですが、カニの身がたっぷりと詰まったコロッケ、デザート等々。

次から次へと座敷に運ばれてくるお料理に、山育ちの我々2人は懐かしい昔話や仕事の話に華を咲かせたのでした。

富重さんごちそうさまでした。

よーし。柿崎さん(売り場で私と一緒に販売して下さっているお姉さまです)。

明日も頑張って販売しましょうね!!

売り場状況.jpg

 大学時代山形で4年間を過ごした私。

思い出の地で残り4日間たっぷりとお客様との思い出を作りたいと思います。

「ブログ見たよ。」

っておっしゃって下さったお客様。

今回は、私の可愛い後輩河原林クンが販売する【何か】をプレゼントしますのでお楽しみに。

ちなみに販売は11月23日までですのでお早めに。

 

 

2010年11月14日

初めての「草喰なかひがし」さん。
藤本 知代

 先日、社長・専務に、憧れの「草喰なかひがし」さんに連れて行っていただきました。

 

お店に着くまでソワソワ、お店に着いてもソワソワ。

社長・専務とご主人のカジュアルな会話にちょっと気持ちがほぐれましたが、

お店の上品な雰囲気と、調理場内の緊張感に、なんとなく気圧されるような。。。

 

でも、お料理が出てきてからは、緊張なんてどこかへ行ってしまい、

「美味しい~~~っ!!!」と溜め息をつきっぱなしでした。

 

まずは、写真でご紹介。なんと全14品。

ゆっくりゆっくりお話しながら食べながら飲みながらで、2時間かけていただきました。

1.jpg

2.jpg  

03.jpg

05.jpg

06.jpg  

07.jpg

08.jpg  

09.jpg  

10.jpg  

11.jpg  

12.jpg  

13.jpg  

14.jpg  

15.jpg  

どれもこれも、内容&感想を書いたら何画面分のブログになるかしら!?というくらい

手の込んだ美味しいお料理ばかり。

 

唯一、写真を撮り損ねてしまったのが、白ご飯。

ツヤツヤ光る米粒にうっとり、炊き加減も最高です。

お焦げも、めちゃめちゃ美味。。。

お漬物、うめぼし、塩&山椒油、、、、と

1杯1杯違うトッピングを用意してくださるので、

お腹いっぱいなのに、なかなかおかわりを止められません(笑)

結局、調子にのって6杯もおかわりしてしまいました。

 

 

専務から「お腹いっぱいになるよ!」と聞いてはいたのですが、

一品一品はとても軽いので、"気が付いたらお腹いっぱい"という魔法のような感じです。

 

合間あいまで専務の分まで頂戴したので、

これはもう、食べ過ぎだわ~、と思いながら至福の時を過ごさせていただきました。

 

お食事代もさることながら、半年前から予約しないといけないお店・・・ということで、

憧れつつもアクションを起こせなかった、なかひがしさん。

自分では来られなかったであろう、なかひがしさんに連れてくださった社長、専務、

本当にありがとうございました!

そして気さくにおもてなしくださったご主人、

このような機会をおゆずりくださった「うね乃」さんご夫妻、

本当にありがとうございます。

 

今度は、是非両親と一緒に伺いたいと思います。

 

 * * * * *

 

ところで、ここ数日、食べ過ぎる日が続いている私は

珍しく大きな口内炎ができていたのです。

ですから、「あぁ、今日も食べ過ぎだわ~!明日もっと痛くなるかも!?」なんて

思いながら帰路に着いたのですが、 翌朝起きてびっくり。

口内炎はすっかり無くなっておりました。

もちろん、胃もたれもありません。

いつもは食べない朝食までしっかり食べて、出勤したのでした。

 

良いものを食べると体がこんなに喜ぶなんて!

体は正直です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年11月14日

将軍塚は猫天国、そして「昆布舗田なか」訪問、そして和田ちゃんに出会った
滝 良太郎



10月11日(月)

この日は、私が所属する山登りチーム「阿闍梨」

の活動の日

四条河原町から清水寺までぶらぶら散歩で準備完了。

清水寺の横から、清水山を登り将軍塚へ。

私は将軍塚へは1回来た事があるが、女性と来た事はない。

最近は、いろいろあってゲイ疑惑再浮上の私であるが、将軍塚

へは男性と素敵な景色と夜を共有するために来たわけでなく

前回も昼間に山登りで来たというだけ。

この日は将軍塚にはけっこう猫が多くて、癒された。

寝る猫.JPG


猫階段.JPG

今は夜景だけでなく、猫を捨てるスポットでも有名な

のかもしれない。

猫アレルギーであるが、べつに猫がキライではない私。

猫と.JPG

体調が悪いのか、ぐうたらなのか、あまり動かない猫と記念撮影。  

猫に別れを告げ、下山を始めると、20分ほどで下山できた。

この日の山登りはこれで終了である。




少し不完全燃焼感が残る中、メンバーの某あられ屋の発案で

下山した三条通り近くの古川町商店街に、昆布屋を始めた

知人を訪ねることに。

小さなお店ではあったが、彼の人脈を生かした、昆布と京都

の名店とコラボレーションした商品の数々はどの商品も魅力

があり、どれも美味しそう。

某あられ屋とのコラボ商品「昆布あられ」まじ旨いっす。

けっこう店主の彼も出張で全国のデパートに飛び回っているらしい。

出張中は店の隣のブティックのおばちゃんが、代わりに品出しと

店番をしてくれているという、なんともアットホームで素敵な

商店街である。

田なか.JPG

ぜひ、知恩院や平安神宮へ行かれることがあれば、ぜひ古川町商店街の

昆布屋「京昆布舗 田なか」へ寄ってください。

店主はいなくても、ブティックのおばちゃんがお相手して

くださいます。




さらに古川町商店街を北へ歩いて行くと、「櫻」というお店を発見。

たべるらぁ油が気になったので、店に入ると、意外にも

入らないでくださいと言われ、新手のツンデレ商売か?と思うと

そうではなく、テレビの撮影をしているらしい。

誰が来ているのかと店のおばちゃんに聞くと、「和田ちゃん」と

いう吉本興行のタレントらしい。

ぜんぜん知らない。

しばらくすると和田ちゃんが出て来たが、顔を見るとやはり初見。

でも道行く人の反応を見ていると、けっこう人気がある感じ。

せっかくだから一緒に写真を撮ってもらった。

とっさに、「いつも見てます」なんて調子の良い事を言っちゃう私。

すると、和田ちゃんは素直に喜んでくれて、けっこうかわいく見えた。

その瞬間、なんとなく人気のある理由がわかった。

それから、すっかり私も和田ちゃんのファン。

和田ちゃん頑張って!応援してます。

和田ちゃん.JPG













2010年11月 9日

へんこ未来塾@胡麻
細川 貴美子

10月から週1回のペースで開催している「へんこ未来塾」。

社長を講師に、また共にディスカッションしたりと、20代社員7人で色々学ばしてもらっております。

 

先日10月末の未来塾は、

胡麻油工場のある日吉の胡麻、明治鍼灸大学で

ゲスト講師にTV解説でもお馴染みのプロゴルファー、タケ小山氏を迎え、

非常に有意義な時間を過ごさせてもらいました!鍼灸大学の先生2名、松本先生と木村先生も交え。

(少し日がたってからのUPお許しを!)

めちゃめちゃチャーミングな方です!元気なオーラが出ているというか、お会いすると自然に笑顔が移りますね。

 

お話しはアメリカへ行かれていたときのこと。そして結果、何が生まれたかということ。

結論から言うと、結果、「無形財産」が生まれることとなるのですが

(無形財産とは、形にはならないけれど財産になるモノ。例えば話すだけで財が発生すること)

 

何かをしていて、年月がたって、自分では分かっていないけれど、知らない間に価値が付いていたりする。

無意識のうちに身についたスキルや知識は、しかしそれを使いこなすかどうかで価値になるかどうかも変わってくる。

 

今回お話しを聞いて、とにかく今の私がしようと思ったのは、

とりあえず、何事にも興味を持って、感受性豊かにまずは柔軟に「知る」。インプットが大切だなと思いました。

アウトプット次第で財か否かになる訳だけれども、インがなければアウトしようにも出来ないから。

 

タケさん、いつもありがとうございます!

今回は私たちのためにどうもありがとうございました(^o^)

 

明治鍼灸大学の松本先生、体のアドバイス、ありがとうございました!

IMG_1165.jpg

 

2010年11月 5日

はじめまして!
川島 秀太

新しく、山田製油のスタッフになりました川島秀太です。

これから、色々な事をこの場にアップしていきたいと思います。

 

先日、京都丹波のマラソンに参加してきました!

距離はハーフで21キロ。

21キロなんて走ったこと無いのに、当日まで余裕やろって思ってました・・・。

 

でも結果はゴールする頃には、足ガクガク・・・。

こんなはずじゃ、なんて思いましたが来年も挑戦したいと思います! 写真.JPG

2010年11月 3日

八戸の熱血板長☆明治神宮へ
荒 えり子

 五島列島には鬼鯖。

八戸には『虎鯖』の、んまい(美味しい)鯖寿司がある。

青森の人は熱い!!

私は同じ東北人だが、そう思う。

もうじき青森まで新幹線がつながる。

「原宿駅」を降りて明治神宮に向かうと、「ねぶた」がお出迎え。

青森の大々的PRイベントが行われているのだ。

まずはお参り。明治神宮も鎮座90年記念...を行っている。

緑の大木を眺めながら行くと、鼓の音が聞こえてきた。日本ていいなぁ。

戻って参道途中の"青森屋台村"へ。ここには「五所川原」のねぶた。

お、お、お、おおきい~                                                      

五所川原ねぶた.jpg                                                                    

 入りきれません...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は雨上がり。色は悪いがそびえ立つ姿をもう1枚。

そびえるねぶた.jpg 勇壮。

みとれていると、発見:熱血板長。忙しい中笑顔で迎えてくれました。

谷口板長.jpg「せんべい汁」と「虎鯖寿司」今回特別コラボとか。

せんべい汁と虎鯖寿司.jpg 南部せんべいが、しょうゆベースの具沢山汁の中でもっちりしていい食感です。

鯖寿司は...

あっさり〆てあるので、お刺身のような...味わいです。

付け合せの杏の塩漬もおいしい。箱の中も面白い。

是非どこかでみかけたら一度お試し下さい。

東京近郊の方は本日11月3日までいらっしゃるそうです。 こののぼりが目印。 鯖寿司のぼり.jpg

 

2010年11月 1日

上海に行ってきました(part2)
椎村 祐一

上海に行ってきましたpart2です。

今回から食いしん坊ではまだまだへんこの中でtopクラスの私が報告します。

しかしボリュ-ムは微減ですが内容は肉より野菜・魚が欲しいと感じる様な

年代に入ってきました。

今回上海ではいつもお世話になっている京都・東寺の「うね乃」社長夫婦に

いろいろ美味しいところにご一緒させてもらいました。

まずは夜ですが最高~のロケーションの黄浦江のほとりにある

四川・広東料理の「宏豪」さんです。

宏豪外観.jpg

外灘の夜景を見ながらゆっくりと食事できます。

夜景.jpg

個室もあるし,テラスもあります。

料理の最初になんとフルーツが出てきます。

果物.jpg

これはどうも消化吸収の面からも食事も前に取るのがいいとの事です。

余談ですが私の幼少期は肥満防止・満腹感を先に得るために

夕食1時間前に毎日リンゴ1個食べていたのを思い出しました。

そして最高の夜景を見ながらいっぱい頂戴しました。

白菜のスープ煮は鶏ガラスープ仕立て白菜がトロトロ寸前。

白菜スープ.jpg 

エビとセロリの炒め物は塩味が効いていて美味しい。

セロリの歯ごたえがまたまた絶妙。

エビとセロリ.jpg

その他たくさん頂戴しましたが四川料理なので唐辛子を沢山使用してとても

辛いのかと思っていましたが沢山入っていますがさほど辛くはありません

鶏の炒め物.jpg 茸類.jpg

 鶏を揚げたのもと唐辛子で炒め    茸類の炒め物

担々麺.jpg  

      担々麺

まだまだたくさん頂戴したのですが夢中になってしまって撮るのを

忘れてしまいました。

 

また是非行ってみたいお店です。

みなさんも上海では是非どうぞ。