space
商品カテゴリ
新着情報

Loading
全国催事のご案内
取扱店一覧
安心安全をお届けするために
へんこを貫くごま職人
へんこ社長の胡麻便り
胡麻でごま栽培
スタッフの雑記帳
イタリアンレストラン:ピッコロモンド・ヤマダ
メディア掲載歴
リンク
box
end
お支払い方法
発送について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
お客様QアンドA
山田製油桂店
〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後7時
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時
山田製油トップ > スタッフの雑記帳 > 菊岡 信義
スタッフの雑記帳


2010年11月20日

おっちゃんの秋の催事巡業
菊岡 信義

おっちゃんになったせいか、催事の販売出張が最近ぐーんと少なくなった菊岡です。

そんな私にも秋の催事シーズンには催事出張が回ってきまして

九州・大分へと出かけて参りました。

 

出張の楽しみは食事です。 仕事がメインですので出張先の百貨店様の周辺という限られた

エリアではありますが、ご当地名物などをご紹介させていただきます。

 

 

 

大分は初めての出張です。有名どころを押さえながらも、意外な展開もありました・・・

                                                          

 まずは、ブームの大分とり天。こちらは最近地元で有名ということでお邪魔しました。

toritenn kannbann.jpgtoritenn.jpg                                                                                                             

鶏から揚げのようで、そうでなく、、、、。ジューシーでおいしいです。衣に秘密あり?

県民食なんだそうです。 確かにお客さんのひっきりなし。老若男女とはまさしくこのことか!と

実感親しました。アッパレ!!

 

 

鶏つながりですが、実はわたくし宮崎地鶏炭火焼きが好物なのですが、

今回は大分ということで諦めていましたが、

不思議と大分市内には宮崎地鶏焼きの看板が目立ちます。

こうなれば行かない訳にはいかず、とある一件に。。

 

                                           

manntoku kannbann.jpg

 

しっかり宮崎名物の文字も浮かんでいます。

偶然ですが、大阪北新地でお気に入りの宮崎地鶏の店もまんとく なんです。

                                tataki.jpg絶品のたたきです。芋焼酎がグビッ!グビッ!進みます。七味をパラッとな。

 

途中、メガ明太子 を つまみながら

                                                                           yakitori.jpg       主役の炭火焼きの登場!! もも肉の骨も付いてます。

      大分に居ながら、宮崎名物も堪能できました。  

      一人めし充実の一夜。完食!大酒飲みました。

     (*結局一週間で3回も行きました )

 

 

全国区での大分名物といえば関サバ、関アジもありますね。

 

 

地元の方に評判のお店で頂きました。

(なんだ、かんだと色んなとこで、これまた3回は食べましたが・・) 

店名は竹善 さん。小料理屋さんといった佇まいです。

刺身001.jpg                           nituke.jpg 新鮮な魚をはじめ季節の地元の野菜を焼くなり、炊くなり

お薦めを伺いながら箸は進みます。。

お酒は地元の日本酒が合いました。

ginnnann.jpg

京都人にも合う、美味しい出汁と新鮮な魚が売り物のこちらの締めは

隠れ名物、テールカレーにしました。 コラーゲンのぷるぷる感漂う、本格カレー。

不思議と締まるんですよねぇ、これが。

kare-.jpg  ★あっと言う間の大分出張。 おかげさまで大分のお得意様にはたくさんのお買い上げをいただきまして有難うございました。 感謝、感謝でございます。

また、今回当社商品をご購入頂きました 新しいお客様にも重ね重ね御礼申し上げます。

                                                                    

2009年10月 5日

東京・府中の様子
菊岡 信義

はじめて東京・府中市に出張に来ています。

馬券ファンではありませんが、競馬場の名前で有名ですよね。

久しぶりに晴れた昼下がり、街を散歩してみました・・・

魂大国神社.jpg  

なんでも1900年前にはあったという魂大国神社。並木そびえる参道は

凛とした雰囲気ながらも、市民に愛される散歩道といった佇まいです。

木々.jpg

季節はずれの蝉の声が2・3匹聞こえていました。

 

本殿.jpg 松尾社.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左は本殿前。右は京都の松尾大社(山田製油からも近いです)の分社だそうです。

いずみ屋.jpg

神社を抜けて、行列のできるラーメン屋さんへ。魚だし系のしっかりスープが人気のようです。

残念ながらラーメンの写真は撮れませんでした。 が、出てきたと同時に一気に完食まで

まっしぐらの美味しさ。行列もうなずけます。 お店のヒントは、魂大国神社北側と

白い布のれんが目印です。

 

ランドルフ.jpg

 

ある夜、地元府中駅周辺の大衆居酒屋へ行ったときの事

カウンター席の横でえぼ鯛の塩焼と格闘中の右側の青年に遭遇!?

箸の使い方があまりにも頼りないので、思わず助け舟。

それにしても、なぜ えぼ鯛の塩焼きなの?

話を聞けば、日本に来てまだ4日目との事・・・。納得です・・・。

 

彼の名前はランドルフ君、24歳。近所の東京農業工業大学?の留学生で、

出身はチェコ共和国。数学とコンピューターを専攻。

体も大きいのに焼き魚だけでは腹もふくれるまいと

居酒屋メニューを説明してあげ、無難な世界共通アイテムの

フライドポテトとからフライドチキン、そして日本の食文化のお勉強で冷奴を御馳走。

代わりに、チェコの名物料理グルワッシュ?(どうも煮込みのようです。)の作り方を

教えてもらいました。何でも肉とたまねぎで作るのだとか。

ビールは水よりも安いとえらく威張ってはります。(ちなみにアメリカのバドワイザーの発祥は

チェコです)

 

彼のこれからの日本での健闘を祈念して乾杯!

ひさしぶりに、若人の清々しいチャレンジ精神に触れ

アラフォーおじさんもごきげんな夜でした。

がんばれ、ランドルフ!

府中市民のみなさま、彼が困っていたら暖かい手を差し伸べてやってください。

好青年で日本のことが大好きなようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年6月22日

ちょこっと沖縄へ その2
菊岡 信義

ぶらりと出掛けた沖縄。。 初日から食べ過ぎましたが、大満足な1日でもありました。

翌日からもこのペースは変わらず、食べることが中心の沖縄滞在です。

ピザ店内.JPG ピザ.JPG
チーズがトロトロ、外側パリッパリのピザ。今、那覇で一番美味しいピザだと思います。
東京から地元那覇へ昨年戻られ、今年オープンのお店です。

八風 サトウキビ.JPG 八風畑看板.JPG
機械.JPG 景色.JPG


南部で人気のカフェ八風畑です。サトウキビ畑をどんどん奥に入っていくと
小さな看板が。。 サトウキビから黒糖を作り、その黒糖を使ったいろんな スイーツを食べることができます。
ここのもうひとつのお楽しみは遠くまで広がる海の景色です。
時間を忘れついつい長居をしてしまいます。

バスターミナル.JPG やきとり英語看板.JPG

コザ両替.JPG 基地の町コザ(沖縄市)へ。
街中にはコザらしい両替屋さんや英語表記の
看板があちらこちらにあります。
タイ料理点.JPG タイ料理.JPG
コザのタイ料理屋さん。軍関係者で賑わっています。
コックさんはフィリピンの方で、本格タイ料理が食べれます。

タコス本体.JPG ゲート前の古めかしく趣きのある
バーでおやつにタコス。
夜はライブもあるようで、そうとうな賑わいが想像できます。

昼間はおじー、おばーの溜まり場です。
88.JPG 88店内.JPG
那覇の夜の〆飯は、やっぱりステーキ、そして・・そばですね。
これができるうちはまだまだ胃袋も元気です。
またふらっと沖縄を食べに行きたいもんです。
丸安食堂.JPG 88で私.JPG
<おわり>
2009年5月 7日

ちょいと沖縄へ その1
菊岡 信義

久しぶりに相棒と同じ時期にGW休みが取れたので、

ちょいと沖縄へ行ってきました。

今回は特別な目的がある訳ではなく、ゆっくりぶらぶら町歩き、食べ歩きで過ごしました。

 

南部そば店.JPG

てびちそば.JPG

 

1日目はあてもなく南部の方へ車を走らせ、糸満のてびちそばで有名な南部そばで名物南部そば(てびちそば)で昼食を。プルプルの食感で、口の周りがカピカピに。これはうまい!!

豚足好きのワタシは大満足。沖縄に来た甲斐がありました。。。

 

大城看板.JPGてんぷら.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南東部の奥武島へ渡り、時計と反対周りに行くと道路左脇に次々と"大城てんぷら"の看板が出現。

吸い寄せられるように店の前に。思わず車を止めてしまいます。  小さな店の窓から好みのてんぷらを注文すれば、すぐに揚げてくれます。 イカにさかな、あおさのポークMIXなど どれもあーちーこーこーです。1個60円程度。

青い海と空を眺めながらのてんぷら、これも沖縄ならではです。

青空とワタシ.JPG

さとうきび畑.JPG

 なるべく海から離れないように小道を走っているとこんな風景にも出会います。

さとうきび畑がさわさわと。。  風車!?がぐーるぐると。。

 

バジル看板.JPG

バジルそば.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   こんな看板にも出くわせました。 いつもならこの手はパスですが、急ぐ旅でもなく、

これも勉強!と食べてみました。 イケます。美味しいです。あると思います。

バジルとレモングラスの香りがかつおだしとうまく溶け合っていて、見た目も爽やかで沖縄的です。

何でも特別にバジルを練りこんだ麺を作ってもらっているそうで、パスタにも使えるとのことでした。

 

これだけ食べるとそろそろ満腹ですね。

続きはまた次回に。。。

 

2009年4月14日

変わらないもの
菊岡 信義

先日、相棒と予定をたてずにぶらぶらしようと大阪へ繰り出しました。

いつもは京都で過ごすことが多いので久しぶりのお出かけでした。

 

大阪駅から天満の方へ歩き出しました。

途中、中崎町界隈を散策。今風のカフェや雑貨の店が小さな路地にも

出来ています。20代向けの雰囲気ですがアラフォーにも充分楽しめます。

 

cafe front.jpg 

古民家を改装したお店が目立ちます。

ここは、パスタ&カフェのお店です。

 

 

 

 

 

 

中崎町を抜け、商店街を天満方面へ

 

takoyaki shop.jpg  

 

親子3代が店頭に立ち

黙々とたこ焼きを焼き続ける

たこ焼き屋さんのうまい屋。

 

アツアツをほおばります。

 

 

 

 

harukoma sushi.jpg

 

天満すし激戦区の雄、春駒寿司へ

少し早い時間のため待ち時間3分で

無事店内へ。

江戸前かどうかは微妙です・・

 

 

 

 

 

 

sushi ikura uni.jpg sushi ikura uni.jpg

 

 

ここは格安寿司のため

がっつり、いただきました。

 

 

 

 

 

 

★この後、2時間ほどぶらぶら散策して家路に着きました。

 

・二人は途中から気づいていましたが

今回のコースは、結局、20年来何も変わらないいつものデートコースとなりました。

相棒と知り合ってから、何度となく歩いた道です。

お店も変わっていません。

夫婦二人も健在です。

変わらないって事に感謝しながら・・

でも変わり続けるために明日も頑張ります。

 

 

2009年2月25日

沖縄めしの軌跡 その2
菊岡 信義

前回に引き続き沖縄めしの話です。

せっかくの沖縄滞在ですので、沖縄ならではの食べ物が中心になりますが、

ついつい自分の好きなものに偏りがちになります。

そんな食生活の一部をご紹介します。

 

大東そば.jpg

大東そばと大東寿司の2ショット。

店名も大東そば、南大東島?のそばと

名物のお寿司です。

このお寿司がなかなか美味しく、通ってます。

 

 

 

 

 

 

 

沖縄カレー.jpg

 

一見、懐かしの我が家のカレーって感じですが

何を隠そう これが正統派沖縄カレー です。

カレーの色が薄く、スパイスが効いていない

やさしい味。

最近ではこのカレーも食堂でぐらいしか遭遇できず

どんどん本土風のカレーが侵食してきています。

スーパーのカレールー売り場も大きく様変わりしています。

韓国のカレーに似た感じです。

 

 

大城 机.jpg

県警本部前の大城食堂のてびち定食

今日も豚足(てびち)です!!

ここのてびちの特徴は、

よもぎがたくさん入っててさっぱりした味です

沖縄ではよもぎはフーチバといいます。

 

仲のいいご夫婦がいつもにこやかに営業なされていますが悲しいことにこの春、お店をたたむそうです。

また一つ、名店が無くなりますね。。。

 

 

 

 

カズオ正面.jpg

 

牧志市場の側の総菜・弁当通りの

奥の露地にある カズオカレー。

 

夜遅くまでやっているので

〆のカレーに重宝します。

 

ここのカレーの特徴は、

まさに家庭の、お母さんカレーです。

チキンスープベースの味が優しさの秘密のようです。

ロケーションも魅力の一つです。

 

 

 

テビチ 三越.jpg

またまた てびち定食です。

注目は、右後方のさしみです。

沖縄は大のさしみ大好き県だと思います。

さしみ専門店もあります。

いろんな定食にさしみが付いてきます。

 

てびちを食べて、ご飯を一口。

さしみを醤油経由で、さらにご飯にトランジットして、

さしみを食べて、ご飯を一口。

てびちの汁をすすって、またてびち・・・。

大体こんな感じで食べ進みます。。

 

 

 

台湾粥.jpg

台湾料理店が多いのは知っていましたが

ついに、お粥専門店を発見。

浮島通りにありました。

 

調理台は台湾から船便で運んできた

屋台を使っています。

味も本場の味!

何種類ものお粥があり

トッピングも豊富です。油條もありますよ。

 

 

 

**今回はステーキ屋さんには行けませんでしたが、タコライスも食べました。

   やぎの刺身も食べました。 

 

  沖縄よ 御馳走様でした~。。。

 

 

 

2009年2月12日

沖縄めしの軌跡 その1
菊岡 信義

1月下旬に催事出展のため沖縄へ行ってきました。

気温は連日20度を越す陽気、シャツ姿でも暑い位です。

仕事の方も熱く盛り上がり、無事帰京しました。

 

滞在中の食事の軌跡をご案内しようと思います。

せっかくの沖縄ですので、

特に昼食はローカルフードを中心に攻め

充実の1週間でした。

新規開拓(美味しいお店さがし)も実りある成果をあげることが

できました。新規開拓店はまたいつか紹介します。

 

花笠食堂.jpg

 

国際通りから平和通り!?に入り左手

牧志市場周辺で手軽に定食が食べられる店

 

この日はテビチ(豚足です)の煮付け定食

沖縄の定食は副食が多く付きます。

 

この日は、もずく酢に 中味汁(豚のモツの味噌汁)

が付きました。

 

 

 

 

タイ料理.jpg

 

 

沖縄でタイ料理?って感じですが

ちゃんと理由があります。

冬も温暖な気候の沖縄では

新鮮なタイハーブが年中栽培されているんです。

そのためハーブがポイントのタイ料理には

うってつけんも場所なんですね・・

写真は焼きそば パッタイです。

オーナーシェフはタイ出身の青年でした。味もよく小ぶりな店舗の雰囲気も抜群です。

この日も当たりでした。。

 

 

 

青島正面.jpg

水餃子.jpg

 

沖縄は地理的に台湾に近いせいか、台湾料理の店をよく目にします。

そんな中でも お気に入りの1件が青島食堂。

ご主人が一人で切り盛りされていますが、現地仕様の本格台湾料理が

手軽な価格で楽しめます。

 

名物は水餃子でしょうか。全部、名物級です。

この日は、その他、大根もち、炒め物を肴に

紹興酒コース、〆はルーロー飯で。

サクット2件目へ 

 

次は焼き鳥屋さんへ 

写真はありませんが、

ここの売りは

鳥の気持ちになって焼き鳥を焼く!!

というコンセプトだそうです。

その為、ここの大将は時々

白鳥の格好をして入るそうです。

(私は一度も遭遇していませんが、証拠写真は多数あるようです)

店名は白鳥(スワン)。1号店がオススメです。

場所はモノレール美栄橋駅の下の川沿い(西側)を空港方面へ。

5分ほどで到着です。

狭いです。美味しいです。不思議な空間です。

 

 

 

 

 

 

2009年1月15日

京都のクリスマス
菊岡 信義

京都は日本の古都でもありますし、市中にはたくさんの神社仏閣があり、

まさに日本らしさいっぱいの街です。

でもそんな京都にも洋モノ文化のクリスマスは訪れます。

 

特に観光シーズンでもないクリスマスシーズンの京都は

意外と珍しいかもしれませんね。

 

 

少しばかりですが、京都のクリスマスの夜の街の雰囲気をご紹介します。

 

街路イルミネーション.jpg

 

 

 

繁華街 河原町通りのイルミネーションです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリー.jpg

 

 

 

ビルの中庭に出現した

イルミネーションツリー!!

クリスマスらしいですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

看板.jpg

 

 

 

 

京都にも立派なキリスト教の教会があります。

会場は厳かな雰囲気の中にあって

関係者の喜びに満ちた姿が印象的です

(ここは河原町カトリック教会です)

 

 

 

 

                                                                       

教会キャンドル.jpg 馬小屋.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                          ゲートをくぐると、火が焚かれ      教会内の祭壇前にはキリスト誕生の

かわいいキャンドルがたくさん灯っています。 馬小屋が再現されていました。

 

クリスマスには一般の人もミサに参加できるんです。(普段も大丈夫のようです)

 

 

清水寺や嵐山などのライトアップも素晴らしいですが

いつもとちよっと雰囲気の違ったクリスマスの街のイルミネーションと聖なる光のご案内でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年12月11日

今年最後のガーデンパーティー
菊岡 信義

12月に入り京都もさすがに日中は寒くなってきましたので、

とりあえず今回が今年最後のガーデンパーティーになりました。


全容2.jpg


アジアンな雰囲気ですが、今回は和風鍋と炙り焼きのメニューです。


机のうえ鍋.jpg


 鍋にかかせないへんこ商品も大活躍しました。


特にポン酢にねりごまを混ぜ、らぁ油を加えた

即席、鍋用坦坦麺スープだれが人気でした。


いか.JPG

貝柱.JPG


イカはカルパッチョで。 ワインが進みます。。    貝柱はガーリックオリーブで炙り焼きに。

人間入り全体.jpg こんな感じで終始なごやかなパーティーでした。 私の相棒の七輪くんも  来年までしばし休養です。                       


2008年11月18日

無性に食べたくなる タイ料理。
菊岡 信義

2週間もすると たまらなくタイ料理が食べたくなりませんか?

私は催事出張中でも食べたくなったら

知らない街でもタイ料理屋を探し出します。

 

最近では、地方都市でも大抵1軒はあるものです。

そんな中でも、京都在住の私が足繁く通う店が

大阪・高槻にあります。

店名は熱帯食堂です。

阪急とJRのまん中ぐらいのビルの4・5Fにあり

店内はエスニックな雰囲気でいっぱいです。

 

 

昨晩も無性に食べたくなり 出かけてきました。

店内は、他の店のタイ人コックさんやタイ好きの方々

デート中のカップルなどいつもの雰囲気でした。

 

ナムトク.JPG

あぶり豚と香草サラダ(何とかナムトク)

炒り米の香りがポイント。

 

ビールがグイグイすすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コムヤーン.JPG

 

コムヤーン(豚のノド肉のあぶり焼き)

タイの東北部イサーン料理の中で

一番大好きな料理です。添え物のたれナムチムがたまりませんね。

 

コムヤーンがビールをグイグイ飲ませます。

 

 

 

 

 

帰りの締めは決まって、阪急高槻駅前のうどん屋さんで。

 

 

 

てっこり.JPG

 

 

その名も てっこりうどん さん。。

お兄さんが中に一人座ってはります。 油かすが入ったおいしいうどんです。

おだしは甘めでかつおだしが効いてます。

丸イスで食べるとなぜか さらにおいしいんですよね。

 

うどん.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜も完食しました。。

 

 

 

 

2008年11月11日

初めての新潟はこんな感じ~
菊岡 信義

催事出張ではじめて新潟にお邪魔しました。 

秋は催事のシーズンで、社員は手分けして全国へごま油の布教?へ出かけます。

新潟滞在1週間。 

新潟のたくさんのへんこファンにご来店いただき

大盛況のうち無事終了致しました。

新潟のみなさま 有難うございました~。。

 

菊の花.jpg

 

菊の花のおひたし。歯応えもよく もちろん味もよく

気に入りました。共食いになるかな?

 

 

 

 

 

 

 

越の寒梅.jpg

 

 

新潟といえば日本酒。 学生の頃のあこがれのブランド

"越乃寒梅"と これまた大好物クジラです。

名物だそうで クジラの味噌漬けを初めていただきました。

クジラベーコンよりも上品な味で日本酒によく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

へぎ蕎麦.jpg

 

 

これも名物、へぎ蕎麦。 海藻(ふのり)を繋ぎに使っているため、ノド越しツルッと美味しいです。

へぎの上に並べたことからへぎ蕎麦だそうで・・。

今回の自宅へのお土産はこのへぎ蕎麦。気に入りました。

催事ですり鉢を使ってすりごまを擂っていますが、側面にこびり付くごまを剥がす道具を へぎ と呼んでいます。昔の折詰め箱の材料ですよね。

 

 

 

 **お寿司もおいしいし、新潟ラーメンもよかったなぁ~。(写真忘れました)

  残念なのは新潟式カツ丼を逃しました。次回のお楽しみですね。

 

 

 

 

 

2008年10月10日

ちょっとおでかけ 信楽へ
菊岡 信義

秋空が気持ちのいい日にぶらりと滋賀の信楽へ出かけました。

旅先では陶芸窯によく立ち寄りますが、信楽は久しぶり。素敵な窯に出会えました。

 

CA390247.JPG

 

きれいな空ですね。新しい新名神道も快適です。

 

 

 

 

 

 

 

たぬき.JPG

 

 

信楽駅舎の前のたぬきも 気持ちよく日光浴してます。 

 

ポッカーン~。

 

 

 

 

英山窯.JPG

 

細い小道の奥に心惹かれる窯を発見。看板も好きな感じです。

 

思い切って奥へ・・

 

気さくなご主人がわざわざ時間をかけて、いろいろお話していただきました。茶器がご専門のよう。何十万もしそうな水差しなんかがありました。

 

ご主人のお人柄にすっかり魅了され、幸せな気分で後にしました。

*英山窯・・土日は自家製カレーのランチがあるそうです。後日調べましたら、たいへん高名な先生でした。水差しをバケツなんて言ってスイマセンでした。

 

看板.JPG

 

 

良い感じの看板発見!!

 

いざ 奥のほうへ・・・

 

 

 

 

 

 

 

工房全景.JPG

 

 

 

のれんの雰囲気が期待させます。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は好きです。こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

登り窯.JPG

登り窯全景.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神崎継春・秀策親子の みはる窯。 息子の秀策さんが丁寧に登り窯や工房内を案内してくれました。 釉薬の話はすごく専門的でおいおい勉強することにして。

ご夫婦と息子様の3人のお人柄に溢れた いい雰囲気の窯でした。 作品も私好みで・・。 これからもお付き合いさせていただきたい 一窯です。 

神崎先生も後日確認しますと高名なお方で・・。恐縮です。タイのチェンマイでの作陶経験もおありだとか。 秀策さんも若手陶芸家として活躍中で10月16日から27日までは、京都のたち吉さんの本店での陶芽会展にもご出品されるとのこと。

 

ふらりと出かけた信楽でしたが、充実した時間と 温かいお人柄に触れた喜びが その日の夜中まで余韻がのこってました。。。    おしまい

 

 

 

 

 

 

2008年9月14日

祭り男
菊岡 信義

京都の夏祭りといえば祇園祭。

疫病退散、厄除けを祈願して行われるお祭り。雅でゆったりしたお祭りです。

山鉾が立ち並び 祇園囃子が聞こえ、浴衣でそぞろ歩き・・・

ただ、私の祇園祭は今年はとんでもないことに!!


京都の祇園祭は約1ヶ月続くのですが

前夜祭の宵山が最も有名で、次いで元々は付け祭りの山鉾巡行が人気です。 

ところが、私もこの夏初めて知ったのですが、祭りのクライマックスは実はこのあとの祭りにあるのだとか。神幸祭・還幸祭と呼ばれています。

八坂神社から3基の神輿に御神体を乗せ各神輿が市中を担ぎ練り暴れながら寺町四条の御旅所へ。夕刻から夜中まで1000人以上の担ぎ手が繰り広げる男くさい、京都には似つかないぐらいの勇猛なお祭りです。 御神体をお守りしながらの練り歩きですから、空気はピリピリと張り詰めた緊張感のある、厳粛な雰囲気の本気の祭りです。

1週間後、今度は御旅所から八坂さんへ御神体が還る、還幸祭が行われます。

雰囲気は神幸祭と同じく厳粛で荒々しく激しいものです。



祭り好きの先輩から 神輿を担ぐ機会をいただき訳のわからぬまま 神幸祭に参加。

生まれて初めてサラシを腹に巻き、菅原文太になった気分ですでに気分は高揚!

さらに、地下足袋、半纏を羽織り、手拭いをキュッと縛った瞬間

祭り男になってました。

無我夢中にでしたが、他の担ぎ手の邪魔にならないように注意して。。



還幸祭でやっと祭りを楽しむことができました。


この夏、四十の男が祭りを覚えました。そして京都の神輿を知りました。



IMG_0644.JPG

IMG_0625.JPG



IMG_0649.JPG

IMG_0630.JPG


2008年8月18日

夏の北海道研修たくさん食べちゃいました。
菊岡 信義

茹だるような暑さの京都から逃げるように 爽やかな気候の北海道へ

研修旅行に行って参りました。

カヌーで川下りをしたり、乗馬体験や秘湯の露天風呂に癒されたり

有名コースでゴルフも楽しみました。

そんな中でもやっぱり美味しい食べものが印象深いですね。

一部ですがご紹介させていただきます。


レストラン.jpg早来町のイタリアン ピノピアーノさん 

パスタ.jpg

素敵な雰囲気と美味しい料理に

みんな大満足でした。

大好きなカルボナーラもおいしい!カルボ.jpg

そば屋.jpg 清水町で見つけたそば屋さん。 そば.jpg

名前が目分料。名前につられて・・

地元のお客さんでいっぱい。

おいしくて大正解でした。






ミンタル.jpg     

チーズ.jpg

新得町の共働学舎 ミンタルへ

おいしい手作りチーズがいっぱい!!

お土産にしたホエージャムもいい味してました。




きし.jpg


きし前菜.jpg

京都出身のシェフが作る料理は

上品な味付けで楽しめます。

和風からシェフ自慢のワインとイタリアンまで。

気持ちよく時間が過ごせる数少ない

お店です。




看板.jpg


きのこ汁.jpg

洞爺湖の近くでひと際目立つ きのこ王国。

きのこたっぷりメニューが充実。きのこは地熱を利用して栽培されているとか。。

きのこ三昧 あっぱれ!




ビールとソーセージ.jpg


最後の最後、千歳空港で立ち寄ったビアレストラン。

プリプリソーセージと本格ビールがいけました。







*千歳の絶品ジンギスカンや初めてのスープカレー、もぎたての湯がきたて とうもろこし たくさんの美味しい思い出ができました。

 久しぶりの北海道、やっぱり食べちゃいました。。。。


2008年7月30日

こんな私です。よろしくお願いします。
菊岡 信義


会社では、製造・営業・販売などが主な仕事です。

g209.jpg 自宅では、炊事・洗濯・掃除・園芸などオールマイティーに活動しています。特に炊事と園芸は趣味ですが、他は環境がそうさせています。

人見知りするタイプですが 全国の百貨店様へ京都展などで販売にも出掛けています。 出来ればやさしく接してやってください。


実物は右の写真よりもやや太めです。。 (画像を加工させていただきました)